ヘタリア放送中止 韓国に世界が怒った・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘタリア放送中止 韓国に世界が怒った


ヘタリアのCSキッズステーションで放送予定だったアニメが中止になってしまったのには驚きました。
ヘタリアに登場する韓国キャラクターに、とくに悪意は感じられなかったんですけどね。
それでも反応するのが韓国クオリティ。

マンガ「ヘタリア」の詳細と放送中止になった経緯はコチラ

ヘタリア放送中止の経緯に、いま世界が韓国に対して怒りの声を上げているそうです。
米コミュニティサイト「ライブジャーナル」で韓国を糾弾する署名活動が開始されたとか。

「ヘタリア」は世界各国の国柄などを擬人化した歴史コメディーマンガ。物語は主人公のイタリア、ドイツ、日本を中心に展開され、韓国キャラクターはほんの数話しか登場しない脇役だ。しかし、作者の日丸屋秀和氏が「『~だぜ!』口調のゴーイングマイウェイ青年。思いついたら一応起源主張してみるのが日課。普段はだぜ!口調だけど、目上の人を大事にする習慣のため目上の人には一応敬語を使っているんだぜ。趣味は留学とドラマ鑑賞。カナダがお気に入りらしいが…。インターネットとゲーム大好き」と紹介している自国キャラクターの設定に、韓国のネットユーザーが猛反発した。

こうした韓国の“過剰反応”に対し、「ヘタリア」ファンがライブジャーナル上で「(韓国の)極端な行動に対してわれわれの団結力を示そう!」と題した文章を掲示。この人物は「韓国の極端な民族主義は憂慮すべきレベル」「こうした反応はサイバーテロだけでなく、DVDやCD、マンガなどに対する不買運動につながる」との見解を示していた。
この呼びかけに対し、世界中の「ヘタリア」ファンから「風刺マンガに韓国人がこれほど怒ることが理解できない」「『ヘタリア』には米国キャラクターにも揶揄した描写があるが、米国人でこれを問題とする人などいない」「極端に排他的で国粋主義的な韓国人は、もう少し広くてゆとりのある視野を持つべきだ」などの声が殺到。署名の参加者は2月2日現在で数百件にのぼるという。

一方、韓国のネット掲示板には、作者である日丸屋氏の殺害を呼びかける書き込みがあった。この人物は「日丸屋氏を殺すため日本に行こう」といった旨の呼びかけを行っているが、日丸屋氏は米ニューヨーク在住とされている。

とにかく韓国のヘタリアに対する反応は常軌を逸しているとしか思えません。
対馬のことも本気で手を打たないと、取り返しのつかないことになりそうで心配です。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。