中野ブロンディーズ オタク系?美少女ばっかり・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中野ブロンディーズ オタク系?美少女ばっかり


中野ブロンディーズって、中野ブロードウェイを舞台とした演劇の題名です。オタク少女たちがチアリーダーにというので恐る恐る画像見たんですが、みんなカワイイじゃないですか。

べつにアキバ系少女たちがこのミュージカルやってるってわけじゃないんですね。
中野ブロンディーズは、あくまでもオタク少女たちが葛藤しながらもチアリーディング大会に向けて一つになろうと努力していくストーリーなんです。

ファンからの後押しがあり、来る20日から再公演が実現したミュージカル『中野ブロンディーズ』。その出演メンバー10人が、サービス満点の路上ステージを敢行した。場所は、オタクたちの第2の聖地と呼ばれる中野ブロードウェイ(東京・中野区)。公演スタートが近づいた10日、舞台上の枠ではなく“ホンモノの”中野ブロードウェイを貸切って、パフォーマンスを次々披露した。イベント開始時間は夜の8時45分。商店街のシャッターが閉まってから20分でステージを臨時にこしらえ、演目の一部であるチアリーディングと歌を披露。招待されていた熱心なファンを喜ばせていた。

 ミュージカルの魅力を伝えるべく、一足先にステージへ立った出演者たち。これまで以上、ファンとの距離を縮める「生(なま)」のステージとなった今回。ハロプロエッグ所属の森咲樹(もり さき)も15歳のため、21時までしか出演することが出来ずも、目一杯のサービスぶりでファンとの触れ合いを行っていた。
 ミュージカル「中野ブロンディーズ」(演出・大岩美智子)は、オタクの女の子たちを題材にした青春群像劇。「オタク少女」と「チアリーディング」…、通常では結びつかないこの2つの要素が織り成す物語が組み込まれている。前公演『中野ブロンディーズ』は今年3月に全労済ホール/スペース・ゼロ(東京・渋谷区)にて終演していたが、ファンからの「再演を」という声に応えて再活動。当公演の期間は、12月20日(土)~25日(木)。新国立劇場/小劇場(東京・渋谷区)にて行われる。

ミュージカル「中野ブロンディーズ」の気になる出演者は・・・
全労済ホール公演と新国立劇場公演で

瑞希 杉本有美 AKINA 主人公
エリー 黒木マリナ 黒木マリナ ギャル系オタク
ハスミ 落合祐里香 藤崎ルキノ アニメ・ゲームオタク
キット 森咲樹(ハロプロエッグ) 森咲樹(ハロプロエッグ) ゴスロリ系オタク
ゆずか りりあん りりあん 天然キャラコスプレオタク
音木 藤崎ルキノ 浦野一美(AKB48) オタクに興味のない一般人
松子 小林由佳(G-Rockets) 小林由佳(G-Rockets) 特撮肉体派オタク
うさ 中島愛子 中島愛子 田舎モン純朴オタク
沙織 長谷川桃 長谷川桃 オタク嫌いのチアリーディング部キャプテン
ヒトミ 鈴木日和子 鈴木日和子 チアリーディング部メンバー
るみ 丹羽あおい(天然スパイラル) 加茂杏子(劇団ジュークスペース) チアリーディング部メンバー
寿美枝 たくませいこ

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。