浅田真央の屈辱写真 民度の問題か・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央の屈辱写真 民度の問題か


浅田真央の感動的なGPファイナル優勝、その熱も一気に冷めてしまうような事件が。
韓国の報道では、意識的に浅田真央の歪んだ表情などを取り上げたり、衣装のセンスやCM数などを持ち出してキムヨナの方が優れていると報じたり・・・。もちろん全くの主観です。

世界のサッカーファンにとって史上最悪になってしまった日韓ワールドカップ。
かの国のお国柄は知れば知るほど不愉快になります。

ジュニア時代からしのぎを削り、現在はシニアで他の選手と別次元の戦いを繰り広げているフィギュアスケートの浅田真央選手(中京大中京高)とキム・ヨナ選手(韓国)。2人のライバル関係が、フィギュアスケート界をより面白く、そして盛り上げているのは間違いないだろう。しかし、浅田選手に対する韓国メディアの報じ方は、「国民の妹のライバル」以上の行き過ぎがしばしば指摘されている。

GPファイナルの結果は日韓のメディアがこぞって報じたが、その内容に日本から批判が殺到している。意図的に浅田選手を貶めるようなものだったため、「悪意に満ちている」との声も上がっているようだ。

韓国のニュースサイトではキム選手の敗退を報じるとともに、「浅田真央が美しい演技を披露した」として写真を掲載。しかし、その写真はジャンプ中に顔をゆがめたもの。また、関連画像では「浅田真央・屈辱写真」として練習中のスピンでさらに顔をゆがめた写真を掲載した。
美しい演技とは裏腹に高度な身体能力が要求されるフィギュアスケートの選手たちは、ジャンプやスピン中、瞬間的に苦悶の表情を浮かべる。その一瞬をとらえた「悪意ある」写真を掲載したことに、日本のネットからは怒りが殺到。特に関連画像が練習中のものであるうえに「屈辱写真」とメディアが紹介していることに、その品位を疑う声を上がっている。

一方、日本のメディアに対しても、ある朝の情報番組などの内容に批判が寄せられた。この番組では、大会終了翌日の放送で「浅田真央逆転Vも… キム・ヨナ“実力”に差」と題してGPファイナルを特集。その内容は「浅田選手よりもキム選手のほうが実力が上」と視聴者に感じさせるようなものだった。さらに、衣装のセンスやCM数などを持ち出してキム選手のほうが優れているとしたため、ネットなどでは「偏見ではないか」「捏造だ」とする声が殺到している。

「2ちゃんねる」も、浅田真央優勝の直後に韓国からのサイバー攻撃にあったという話がありましたが・・・。IPアドレスが韓国のものだったそうですね。

かたや中国での浅田真央は評価高かったみたいです。

一方、中国のスポーツ専門サイト「騰訊体育」は、キム・ヨナ選手の“ホーム”で優勝した浅田選手に対して「魔物がいるリンクで、得がたい結果を出した」との論評を掲載。「浅田選手にとっても、日本のフィギュアスケート界にとっても、キム選手の応援がすさまじい韓国で勝利したことに特別な意味がある」など、その優勝を高く評価した。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。