愛のむきだし 女性の股間ばかり・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛のむきだし 女性の股間ばかり


映画「愛のむきだし」に主演している西島隆弘は、人気ユニットAAAのメインボーカル。
そもそもこの「愛のむきだし」って、ちょっと変わった話題作なんですが
西島隆弘扮する青年西島は、女性の股間ばかりを狙って盗撮するという困った癖のある男。
で、これでベルリン映画祭ですよ。

人気ユニットAAA(トリプルエー)のメーンボーカル・西島隆弘(22)が映画初主演した「愛のむきだし」(1月下旬公開)が、来年2月開催の「第59回ベルリン国際映画祭」に出品されることが13日、分かった。園子温(その・しおん)監督(46)の約4時間の大作で、同映画祭ディレクターが絶賛し、日本作品では最初の招待決定となった。同作でスクリーンデビューした西島が、いきなり世界デビューを飾る。

 「愛のむきだし」で映画初出演&初主演した西島が世界にお披露目される。ベルリン映画祭(来年2月5~15日)はカンヌ、ベネチアと並ぶ世界3大映画祭のひとつで、「愛の−」はジャンルを問わず優れた作品を上映するフォーラム部門に出品される。

この映画「愛のむきだし」のストーリーは
 女性の股間(こかん)ばかりを狙って盗撮する青年(西島)と、その青年の女装姿に恋するヒロインとの奇妙な恋愛関係に、カルト教団が絡むストーリーで上映時間は3時間57分。フォーラム部門ディレクターのクリストフ・テルヘヒテ氏は「選考委員のほかのメンバーも私と同じように、この映画でエンターテインされ、感動し、興奮しました。約4時間の長さをまったく感じさせず、オリジナルで秀逸な映画」と絶賛。ベルリンの出品作は例年、年末から年明けにかけて決まるが、異例の早さで出品オファーが届いた。

ちなみにヒロイン役はFolder5の満島ひかり。満島ひかりといえば映画「デスノート」の夜神粧裕役ですね。他のキャストには青年の父親役に渡部篤郎、カルト教団員に奥田瑛二の次女・安藤サクラ。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。