ホンダF1撤退 大英断だと・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダF1撤退 大英断だと


ホンダがF1から撤退するのは、これで3度目でしょうか。ホンダの撤退は寂しい気がしますが、この急激な景気の落ち込みでは仕方ありません。この早い時期によく決断されたと思います。

きっと、本田宗一郎氏が健在でもこうされたのではないでしょうか。

ホンダは5日午後、緊急記者会見を行い、F1世界選手権シリーズからの撤退を表明する。今後3カ月以内に「ホンダ・レーシングF1」チームの売却を進める方針で、引き取り手がない場合はチーム自体が解散するとみられる。

 世界的な景気減速のあおりで自動車が売れない状況となっており、ホンダは10月、2009年3月期の連結業績予測を下方修正。営業利益は実に42.3%減と大きく落ち込む見通しだ。すでに日米欧各地の工場の追加減産も発表、国内でも期間従業員の削減を決めている。

 本業が落ち込む中、モータースポーツ、中でも大金を必要とするF1は大きな負担になる。ホンダは今季、入賞わずか4度。コンストラクターズ(製造者部門)ランクでは、5月に撤退したスーパーアグリを除く10チーム中9位と低迷したが、約370億円もの予算をかけていたとされる。これに対してスポンサー料やテレビ放映権料などの分配金など収入は少なく、多くはホンダ本社の持ち出しとなっている。

 高騰する参戦コストを削減するため、統括する国際自動車連盟(FIA)では「標準エンジン」の導入を検討してはいる。入札で選ばれたメーカーがエンジンを廉価で供給することにより、エンジンにかかる年間費用を現在の24億円以上から6億円以下に抑えるという計画だ。
 2000年にはBARチームへのエンジン供給と車体技術協力という形で第3期活動を開始。BARの親会社だったブリティッシュ・アメリカン・タバコ社の撤退を受けて05年からはチームの株式を100%保有、「ホンダ」としての参戦となり、06年には8月の第13戦・ハンガリーGPで第3期初勝利を挙げた。

 しかし07年以降はマシンの基本設計に失敗して成績は低迷。フェラーリなどでミヒャエル・シューマッハー(ドイツ)を王座に導いたロス・ブラウン氏をチーム代表に迎えたほか、多くの空力専門家などを招聘(しょうへい)し、09年からの上位進出を目指していた。

ホンダといえば、モータースポーツもしくはレースというイメージが強かったですが、最近ではスポーツカーの生産を取りやめ、車種といえばステップワゴンやオデッセイなどのミニバンが主力。
こちらも寂しいですが、時代柄仕方ありませんね・・・。

(引用:iza β版

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。