ハンサム★スーツ 北川景子の本音とは・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンサム★スーツ 北川景子の本音とは


北川景子が映画ハンサムスーツのヒロイン役で話題です。北川景子といえばセーラームーンのイメージが強かったんですが、女優としてどんどんステップアップしてますね。

ところでハンサムスーツといえば、原作者は「ブスの瞳に恋してる」でも話題になった方。
人は本当に見た目じゃないのか?という問いはなかなか深いようで・・・。
北川景子の本音ってどんなもんでしょう?

以下は映画ハンサム★スーツのストーリー。

 主人公は、庶民的な定食屋「こころ屋」の主人・大木琢郎。33歳、身長163センチ、体重98キロ。料理と人柄で客には人気があるが、ブサイク、デブ、モテない。そんな彼がハンサムになれるスーツ「ハンサムスーツ」を手に入れ、憧れのハンサムライフへ。

 キャスティングは、「ハンサムスーツ」を着た後のハンサムな光山杏仁役に谷原章介 、ブサイクの大木琢郎役に塚地武雅(ドランクドラゴン)。

 「こころ屋」の超美人アルバイトで、琢郎に一目惚れされる星野寛子役に北川景子。超カリスマモデル來香役に佐田真由美。仕事と性格は完璧だが、身長163センチ、体重83キロ。北関東訛りとおかめ顔の「こころ屋」のアルバイト橋野本江役に大島美幸(森三中)。

北川景子の本音は・・・?
「衣装やメークできれいになっているだけで、美人と思ったことは一度もないです。モデル時代はチビ(身長160センチ)だと。顔がきついと言われるので笑顔がかわいくなりたいとか。外見のコンプレックスは人並みにいろいろあります」と答えていた。

 キレイ系なのに、「美人と思ったことは一度もない」なんて、もったいない話だ。......というのは、わたしの建前的発言。「外見オンチ」を代表して、わたしが一発、蹴りを入れておく。確実に、「外見オンチ」組の好感度は下がった。

 美人と思ったことがなくても、言われたことはあるだろう。人並みのコンプレックスというのも、「美のヒエラルキー」上位組が思っている人並みだろう。

北川景子クラスだと、「美人と思ったことは一度もない」んじゃなくて
「自分がブスだと意識したことがない」ってことなんじゃないかと思うんですが。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。