樋口宗孝さん、安らかに・・・。・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樋口宗孝さん、安らかに・・・。


ラウドネスのひぐっつぁんこと、樋口宗孝が亡くなったというニュース。
何だか言葉もないですね。ラウドネスは中学のときに知って以来大ファンでした。

日本のバンド、ラウドネスがアメリカツアー、ヨーロッパツアーで海の向こうのファンを沸かせている雑誌記事に熱狂したものです。ヤングギターとか、ロッキンfとか・・・。

X JAPANのYOSHIKIやB’zら数多くの日本のアーティストに影響を与えたロックバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」のリーダーでドラムスの樋口宗孝さんが30日午前10時44分、大阪市内の病院で、肝細胞がんのため死去した。49歳だった。通夜、告別式は本人と遺族の意向で家族葬として営まれた。後日、お別れ会を行う。

 所属事務所によると、樋口さんは今年3月に肝細胞がんが発見されて以来、8カ月にわたり入退院を繰り返した。「生きることに前向きで、この大病を克服すべく強い意志を持ち、復活への意欲を持ち続けたが、突然のことでした」という。

 樋口さんは大阪府出身。大阪府立藤井寺高校時代に軽音楽クラブで、ギタリストの高崎晃さん(47)と意気投合して、バンド活動をスタート。アイドルバンド「レイジー」を経て、81年、二井原実さん、山下昌良さんとともに「ラウドネス」を結成した。世界に通用するハードロック、ヘヴィメタルバンドとして全米進出も果たし、85年には、日本のロックバンドとして初のビルボードアルバムチャート100位圏内となる74位を記録した。何度かのメンバー交代の後、2000年にオリジナルメンバーで復活を果たした。
 樋口さんは入院直後の4月のライブで「すぐに戻ってくるから。みんな、待っててくれ」と、メッセージを流して、ファンとの再会を心待ちにしていた。

 また、10月には、ホームページを通じて「生死をかけての大手術により、肝臓も半分以上摘出し、現在もなお、治療を行っています。まだ危険な状態を脱したわけではなく、今後の見通しも予断を許さない」「精神力と体力で、引き続き、この大病と闘っていく」と報告。病床でも不屈の闘志を見せていたという。

樋口さんが元気にドラムを叩いている、ラウドネスのステージがもう一度観たかったです。
樋口宗孝さん、安らかに・・・。素晴らしい思い出を沢山いただきました。ありがとうございます。

(引用:iza β版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。