織田信成 ミスはあったものの・・・NHK杯・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田信成 ミスはあったものの・・・NHK杯


織田信成がやりましたね。ジャンプのミスは惜しかったですが、フィギュアGPシリーズ第6戦、NHK杯で優勝を飾りました。
2季ぶり?と思ってましたが、織田信成は前に酒気帯び運転による出場停止処分を受けていたんですね。

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯最終日は30日、東京・国立代々木競技場で男子フリーを行い、織田信成(関大)がジャンプのミスはあったものの154・55点でショートプログラム(SP)に続いてトップとなり、合計236・18点で3年ぶり2度目の優勝を果たした。

 酒気帯び運転による出場停止処分などで2季ぶりのGP出場だった織田は、GP通算3勝目。
 昨季世界選手権3位のジョニー・ウェア(米国)が合計224・42点で2位となり、ヤニック・ポンセロ(フランス)が3位。SPで4位と健闘した17歳の無良崇人(岡山・倉敷翠松高)はフリー5位で合計198・07点の5位。南里康晴(ふくや)は合計167・73点で8位だった。

無良崇人が17歳の高校生ながら4位。今後が楽しみな選手です。

(引用:iza β版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。