山本モナ「私マゾなんです」・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本モナ「私マゾなんです」


不倫騒動のほとぼりがようやく冷め、元日の「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」でスイカのかぶり物姿で復帰したタレント、山本モナ(30)。その後の見事な弾けっぷりに、放送関係者が目を見張っている。

 「私、マゾなんです」-。

驚くべき発言が飛び出したのは、23日深夜に放送された日本テレビ系バラエティー番組「恋愛部活(ラブカツ)」でのヒトコマ。ゲスト出演して、体験談を披露した。

 「女友達から恋愛相談を受けたら、その相手の男性が自分の片思いの男性だった-というたわいないエピソードを披露したんです。
絶妙だったのはその後のリアクション(反応)でした」(若手放送作家)

 レギュラー陣の青木さやか(33) らが、「それでも、女友達と仲良しでいられたの?」と水を向けると、「大丈夫! 私、マゾだから」と明るく言って、のけたのだ。
「バラエティーに呼ばれる タレントにとって、一番大切なのは、どんなおもしろいリアクションを返せるか。そのツボを彼女は、よく心得ている」(同作家)

 また、胸にグッとくる曲を聴かれた場面では、「彼と一緒の着メロにしていた曲」として、伊藤由奈の「プレシャス」を挙げた。

 「この曲は、昨年5月公開された映画『LIMIT OF LOVE 海猿』の主題歌として火が付いた。あの国会議員と交際が噂にのぼったころと時期が重なります」(女性誌編集者)
 
(引用:iza β版
モナは、着メロ話をしたとたん、「こういうの(彼と着メロを共有すること)はヤメる。じゃないと、そのあとずっとひきずるから」と、一瞬顔を曇らせていたことからも、恋愛のショックは尾を引いていて、忘れ去りたい曲なのかも。

 さらに、番組では、「ウソはバレなければいい。相手を思ってつくウソならいい」といった毒舌までサービス。さすが、ビートたけし(60)と、たけし軍団が所属する芸能プロ、オフィス北野の秘蔵っ子だ。

 「政界入りへの準備で昨年12月に契約を解除したそのまんま東の穴をアナが、見事に埋めたと評判です」(前出の放送作家)とオチまでついた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。