坂井真紀 本当にフルヌード・・・・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂井真紀 本当にフルヌード・・・


坂井真紀が大胆な濡れ場を演じて話題になっている映画「ノン子36歳」ですが、その濡れ場がまたフルヌードでリアルだとか。まぁ坂井真紀ももうオトナ。子供じゃないですからね。最近ではすっかりファブリーズのお母さんしている坂井真紀ですが、しっかり女優さんしています。

24日、第9回東京フィルメックスのコンペティションに出品の映画『ノン子36歳(家事手伝い)』が上映され、本作で文字通り体当たり演技を披露している坂井真紀、そして共演の星野源、監督の熊切和嘉が舞台あいさつを行った。

 坂井は本作で、大胆な濡れ場に挑戦し、そのリアルさが話題になっている。上映が終わった後にもやはり観客から出たのはその質問。「別れた夫(鶴見辰吾)とのまじめな会話の流れで性行為をしてしまうシーンに感情移入ができず、ノン子ってそういうオンナなんですか?」と投げかけるとその質問の大胆さに場内が沸いた。

 しかし坂井はそんな質問にはたじろぎもせず、「わたしもオトナなので(笑)、そういうシチュエーションはわかりますね。むしろ、今そうした質問が出て、ピュアな気持ちを思い出せました(笑)」と大人の余裕を感じさせるコメント。本作のヒロイン、ノン子は36歳だが、坂井は今年38歳、さらに大人なのだ。

 一方の熊切監督も「僕が大学生のころだったら、確かにああいう描写には共感できませんけど、まあ、大人になるとね、そんなもんなのかなーって思えるようになりました(笑)」と語った。
 『ノン子36歳(家事手伝い)』はバツイチで、実家の神社で家事手伝いをしている三十路(みそじ)半ばのヒロインが、年下の若者と出会ったことで前向きに生きるようになる姿を描いている。熊切監督が36歳の女性を描いたのは、年上の女性が好きだからだという。本作での星野が演じる若者マサルの視点で描いたそうだ。「全体的に気合いれて撮ったんですけど……今まであまり撮ったこともないような花畑のシーンに注目して欲しいです」と見どころを語っていた。

実家が神社で家事手伝いってのは、「今風」かも。坂井真紀の初フルヌードが先行して話題になっていますが、坂井いわく、ちゃんとした人間を演じたいと思って頑張りましたとのこと。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。