2009年ミシュランガイド 星の数にもカラクリが・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年ミシュランガイド 星の数にもカラクリが


ミシュランの星、今年もランク付けの時期がやってきました。2009年ミシュランガイドも東京やら高尾山やら、大阪、京都、初音鮨、久兵衛、和幸、石かわ・・・と、今年はどうなのかファンにとっては気になります。けれど、何だかミシュランに乗せられているように感じるのも事実。

「昨年の2008年版は30万部を売るベストセラーになりましたが、今年も同じ店を同じような評価にしたら、話題性はなく本は売れない。新しい店を増やすことで、もう一度買わせるという営業戦略なのでしょう。しかし、昨年と同じメニューをちょっとコメントを変えただけで、写真もほぼ同じという店があるなど、内容に手抜きが目立ちます」(飲食店ライター)

 日刊ゲンダイ本紙好評連載「行っていい店わるい店」の筆者・友里征耶氏によると、今年4月にすでに「3つ星にするから……」と打診された店もあったというから、「星付き店」を増やすためのさまざまな“工夫”があったようだ。

 また、17店が消えているが、パリ版のように降格の理由は明らかにされていない。これについて、「なぜあの店が無星店になったのか」というマスコミからの問い合わせに、ミシュランガイド総責任者のジャン・リュック・ナレ氏は「食べてみてくださいよ」と、木で鼻をくくったような対応。「東京の食はダイナミック」などと持ち上げながら、腹の中では日本人を小バカにしているんじゃないのか。

ミシュランの権威とか、実際日本人は弱いのかもしれませんね。
で、ナレ氏の人物は・・・。
「ナレ氏はパリのホテル学校を出た47歳。アラブの富豪が所有するホテルグループの運営などにかかわり、5年前にミシュランに入社、翌年にガイドブックの総責任者になっています。グルメというより、あくまでもホテルのマネジャー、経営スタッフといったところなのでしょう」(飲食店ライター)

 それにしても、ミシュランで3つ星になったといって得意満面の寿司職人やシェフの勘違いぶりは滑稽(こつけい)だ。食いもの屋で一番気にしなければならないのは、ミシュランの星の数ではなく、客の評判だろう。近ごろは、地元ヨーロッパではミシュランガイドの評判は下降気味で、掲載を拒む店が増えているという。ミシュラン店めぐりは、麻生首相あたりに任せといたらどうか……。

温泉地なんかで、ミシュランガイドにのっているようなお店で食事しながらゆっくりしたいですね。なんだかんだいっても。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。