高橋大輔 試練のとき ケガで欠場、コーチ交代・・・・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋大輔 試練のとき ケガで欠場、コーチ交代・・・


高橋大輔が右ひざを痛めて、今後のフィギュアスケートの活動が懸念されていましたが、治療のために今季のすべての試合を欠場することが決定したそうです。残念で、本人も悔しい事でしょうが高橋大輔の将来を考えると・・・。まだ若いですからね。

フィギュアスケートの男子エースで、右ひざ手術のため今季の大会出場を断念した高橋大輔(関大大学院)が18日、日本スケート連盟を通じ「長い道のりではありますが、これは五輪で勝ち抜くための試練なのかもしれません」とのコメントを発表した。

 2010年バンクーバー冬季五輪の有力なメダル候補と期待される高橋は「不安な状況でリンクに立つことのないよう、手術をすることを決めた。ここで腐るのではなく爆発するエネルギーを蓄えたい」などとした。

北京オリンピックが終わったところで、すでに目標はバンクーパーです。
高橋のコーチが織田信成の専属に変わったんでしたっけ・・・?試練は続きますが、頑張って欲しいですね。
高橋は10月31日の練習中に負傷し、今季初戦に予定していたグランプリ(GP)シリーズ第3戦の中国杯を欠場。精密検査を受け、右ひざの前十字靱帯(じんたい)と半月板の損傷が判明した。28日からの同シリーズ第6戦、NHK杯にも出場予定だった。

高橋大輔の復帰時期については、一般的に手術から氷に立てるまで2~3カ月、そこから競技が出来るようになるまで2~3月、来夏の各選手がプログラム作りに入る時期には間に合うと思うとのことで、あせらずリハビリして欲しいものです。

(引用:iza β版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。