小室哲哉を告訴した投資家の素顔・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小室哲哉を告訴した投資家の素顔


小室氏逮捕で著作権詐欺の手口が明らかになるにつれ、告訴した投資家の人物が気になる人も多いのではないでしょうか。すぐに5億用意してくれ、といわれて出来る人なんですよ。しかも現金でしょ・・・?
しかもまだ若く、40代とは。

5億円詐取で大阪地検特捜部に捕まった小室哲哉(49)。発端は兵庫県芦屋市に住む男性投資家のA氏(48)が特捜部に刑事告訴に踏み切ったこと。そのA氏もメディアにたびたび露出していて、知る人ぞ知る“有名人”だった――。

 昨年はセレブ男性誌「GOETHE」(幻冬舎)12月号で〈真実の富裕層を体現する芦屋の奥座敷の住人〉として取り上げられ、土地面積1000坪超の豪邸が紹介された。

 また、「日経金融新聞」(07年8月9日付)が個人投資家の動向を伝える記事を掲載した際には、ジェイコム株誤発注騒動で20億円を稼いで有名になったデイトレーダーとともに紹介され、A氏は紙面上で〈ロシア株ファンドを億単位で購入した〉と明かしている。

 メチャクチャな資産家であることは間違いなさそうだが……。どうやって巨額の富を築いたのか。
「A氏は大阪の私大を卒業後、数年間商社に勤め、1988年に宝石を扱う会社を大阪市で立ち上げました。商品の単価を1個あたり約1万円と安く設定したことで、若い女性を中心に人気を集め、着実に業績を伸ばしました。その後は通信販売にも手を広げました」(関係者)

 ちなみに、民間信用調査会社の資料によると、98年6月には3年間で約2億円の所得を申告せず、法人税約7500万円を払っていないとして大阪国税局に告発されているという。“金銭トラブル”は初めてではないようだ。

 その後だが、04年以降、A氏は事業から手を引き、投資家として活動をスタートする。また、06年からは動物愛護団体の会長理事に就任。現在は無料で猫などの避妊去勢手術を行うボランティア活動に力を入れているそうだ。

事業の才能、投資家の才能、両方に恵まれた方なんですね。あやかりたいものです。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。