HCV感染 特養老人ホームでの対策がこれでは・・・・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HCV感染 特養老人ホームでの対策がこれでは・・・


HCVとは、C型肝炎ウイルスのこと。特養老人ホームでの患者の扱いかた、どころか周知徹底がなされていなかったという問題です。
老人をお世話していた介護士などスタッフはもちろんのこと、これでは他の入居者たちへの感染まで引き起こしかねません・・・。

堺市北区の特別養護老人ホームで、介護士などの施設職員が、11月上旬に病死した男性入所者がC型肝炎ウイルス(HCV)に感染していたことを知らないまま、鼻血や吐血を素手で処理していたことが8日、分かった。感染の可能性が否定できないことから施設側は、男性を介護する機会のあった職員約20人への血液検査を始めた。

 市などによると、男性は8月上旬に市内の別の施設から入所。施設は健康診断の結果から男性がHCVに感染していることを把握していたが、職員らに口頭で伝えたりはせず、陽性を示す「HCV +」という表記を資料に書き込むにとどめていた。
 施設長は「患者が感染しているという告知が職員に行き届いていなかった」と落ち度を認めており、市は今後、情報共有の徹底に向けたマニュアルの提出などを施設側に求める。

事務的にはきちんとしていた?ようですが、多忙な現場への周知徹底の為には口頭でも伝えるとか、もう一手間欲しいところです。

(引用:iza β版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。