VIZIO(ビジオ) 日本進出で液晶テレビが激安・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VIZIO(ビジオ) 日本進出で液晶テレビが激安


VIZIO(ビジオ)とは耳慣れないメーカーですが、歴としたアメリカの企業です。当然アメリカ製というわけではないでしょうけれど。液晶テレビの42型が9万円台といいますから驚きです。
液晶テレビでは北米で第2位のシェアを持っているとのこと。ちなみに1位はサムソン。

米国のベンチャー企業でテレビメーカーのビジオ(VIZIO)が日本に上陸し、42型液晶テレビを9万8000円の破格の値段で販売をはじめた。2008年9月3日に札幌市、4日からは神奈川県川崎市などコストコホールセールジャパンの8か店で発売していて、その売れ行きにコストコは「予想以上」と驚いている。ビジオは本拠地の米国でも低価格テレビを売りものに、急激にシェアを伸ばしてきた。日本でもその勢いは衰えていないようだ。

日本製の液晶テレビだと、42型はいくら位かといいますと・・・
2011年7月24日には地上デジタル放送への完全移行を控えていることもあって、低価格テレビの需要は高まりつつある。ビックカメラの売れ筋ランキングにある42型液晶テレビの最安値は17万4270円(東芝「REGZA 42ZV500」)。ユニデン製は17万9800円、HYUNDAI製は12万円で、さすがに10万円を割り込む製品はない。人気の高いシャープのAQUOSシリーズは20万円台だ。

いかにVIZIO(ビジオ)が脅威かというのがわかるかと。
韓国や中国のブランドだと抵抗があった人たちにも受けそうです。

(引用:ヤフーニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。