北京オリンピックで報道された名前 意外?・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京オリンピックで報道された名前 意外?


北京オリンピックで一躍有名になったといっても、選手ならわかるんですが・・・。
全世界のメディアで報道された名前で2番目に多いのが、なんとあの人。意外といえば意外、当然といえば当然。確かに五輪関係者ですしね。

2008年8月22日、米グローバルランゲージモニター社は全世界のメディアを対象にしての五輪期間中に名前が掲載された回数の多い著名人の調査結果を発表した。中国日報が伝えた。

その名前とは・・・
数々の名アスリートを押しのけ2位の座についたのがリン・ミャオコー(林妙可)ちゃん。開会式で話題となった口パク少女だ。同事件がまさに世界的な話題となったことがうかがえる。中国男子バスケ代表の姚明(ヤオ・ミン)選手は3位に屈した。調査では4位にとどまった男子100メートル、200メートルで2冠を達成したジャマイカのウサイン・ボルト選手だが、調査は200メートル決勝前に行われたものであるため、現在では順位が入れ替わっている可能性もある。

林妙可ちゃん、まだほんの子供ですからね。いい思い出になってくれればと思います。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。