槇原敬之 「松本さんが泥棒扱いをするので」・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槇原敬之 「松本さんが泥棒扱いをするので」


槇原敬之と松本零士の著作権侵害問題、一時は取りざたされたもののすっかり忘れていました。とっくに片付いたものと思っていたんですがね。双方、業界では「大物」だけに、引けなくなってしまったんでしょうか。

人気アーティストの槇原敬之さんが、人気漫画家の松本零士さんに「漫画のセリフを盗用された」と非難され名誉を傷つけられたなどとして、松本さんに2200万円の損害賠償などを求めた訴訟の口頭弁論が7日、東京地裁(清水節裁判長)であり、槇原さん、松本さんが出廷した。

そもそも問題は
 松本さんは、槇原さん作詞作曲の「約束の場所」の歌詞の一節「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」の部分が、漫画「銀河鉄道999」のセリフ「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」の盗用だとマスコミで話していた。

これが発端。

 槇原さんは、盗用を全面的に否定。「松本さんが泥棒扱いをするので不愉快になった」と提訴の動機を語った。

 一方、松本さんは「セリフは私の座右の銘で大切な言葉」とし、「言葉の前後を入れ替えただけで、セリフを見た可能性が極めて大きい」とした。

偶然ということ、実際ないとは言えないんですが。

(引用:iza β版)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/159317
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。