北島康介もスゴイが、スピード社の水着。・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北島康介もスゴイが、スピード社の水着。


スピード社の水着が何かと話題ですが、たかだか水着でそんなにタイムって変わるものかと思っていました。正直。

北島康介はじめ、水泳選手の日本新記録が続出です。やっぱすごい威力だったんですね。スピード社の水着って。今までの水着は一体なんだったのかと。

 競泳の北京五輪代表選手壮行会を兼ねたジャパンオープンは第1日の6日、東京辰巳国際水泳場で10種目の決勝を行い、スピード社の水着「レーザーレーサー(LR)」を着用した北京五輪代表選手のうち5人が日本新記録をマークした。


 男子百メートル平泳ぎの北島康介(日本コカ・コーラ)は、59秒44をマークし、05年に自分が出した日本記録の59秒53を更新。男子二百メートルバタフライの松田丈志(ミズノ)は1分54秒42で、山本貴司が04年に作った日本記録の1分54秒56を上回った。


 女子二百メートル自由形では、上田春佳(東京SC)が、1分57秒75をマーク。千葉すずが99年に作った日本記録を1秒03も更新した。


 男子二百メートル自由形では、奥村幸大(イトマン)が1分47秒36を出し、自身の日本記録を0秒34更新。女子百メートル背泳ぎの中村礼子(東京SC)は59秒82で従来の記録を100分の1秒上回った。いずれの選手もLRの性能を高く評価し、北京五輪での着用に前向きな姿勢を示した。

 日本水泳連盟は10日に開く常務理事会で、スポンサー契約の問題から現在、日本選手に北京五輪での使用を認めていないスピード社製などの水着を解禁するかを決める。 

これで認めなかったら、大ブーイングですよ・・・。

(引用:ライブドアニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/3673015/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。