HUNTER×HUNTER ジャンプで再開したそうですが・・・・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HUNTER×HUNTER ジャンプで再開したそうですが・・・


冨樫義博氏といえば、なんたってあの「幽☆遊☆白書」の大ヒットで有名ですね。奥さんは「セーラームーン」の武内直子さんで、結婚の時には超売れっ子漫画家同士で一体いくら稼ぐんだ!?と話題にもなりました。その冨樫義博氏の現在の作品、ずっと休載中だった「HUNTER×HUNTER」が再開したそうなんですが・・・。

 今月、「週刊少年ジャンプ」で1年半もの間休載中だった『HUNTER×HUNTER』が満を持して再開した。相変わらず画は荒く(?)、しかも10回分ほど原稿が貯まっただけでまたすぐ休載するという話だが、それでも待ち焦がれたファンたち(筆者含む)は大喜びしているようだ。

 しかし解せないのは、そもそもの休載理由。子供のお受験だとか、病気だとか、様々な憶測が飛び交っているが、本当のところは明らかにされていない。それに、そんなワガママを許すジャンプ編集部と富樫先生の関係って?

(中略)連載再開の知らせは、ファンにとって喜ばしいものだが(中略)一部のマンガ編集者の間では、「冨樫を超えるマンガ家をもっと輩出しないといけないのが『週刊少年ジャンプ』なんだから、冨樫にまだ頼っている編集部はヤバいのでは?」といった、厳しい指摘もある。

「本当は、冨樫さんが今『もう一度描きたい』って言っても、『今さら何言ってるんだ』と、編集部が制さなきゃならないんですよ。それなのに、連載を喜んで再開させちゃうのは、ジャンプが弱体化してることの表れですね」(元編集プロダクション社員)

 1998年から連載を開始した同作は、アニメ化もされた大ヒット作品だが、開始翌年から徐々に休載が目立つようになり、06年にはたった4回、07年においては、この原稿の執筆時点で、まだ1回も連載誌上に掲載されていないのだ。公式にジャンプ編集部から発表された休載理由は「体調不良」「作者都合」といったものだが、休載の間に冨樫がコミックマーケットに参加していたことなどから、「編集部との確執が原因で、連載がストップしているのでは?」など、穏やかでない憶測もファンの間で囁かれてきた。

 それにしても、1年半もの休載を経ても根強いファンを持ち続ける冨樫義博とは、一体どんな人物なのか?
「週刊誌のマンガ家のほとんどは、その週その週で物語を考えているものですが、富樫先生は連載開始の時点で、だいたいのプロットを作っているんです。それに、アシスタントを使うと、自分は中途半端な仕事しかしていないように思うらしく、なるべく全部自分でやろうとするタイプ。だからこそ、連載中は肉体的にも精神的にも苦しみやすいようです」(マンガ関係者)


(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。