亀田史郎氏、大毅の反則に理解を・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田史郎氏、大毅の反則に理解を


亀田大毅の反則の件、勝ったからいいようなものの、内藤大助にとっては堪らなかったでしょうね。ここでトレーナーの亀田史郎氏がコメントを発表したそうです。それにしても「闘志の現れであって、結果として反則行為となってしまったことをご理解していただきたい」って、理解できないでしょう、普通。

10月11日(木)有明コロシアムでは、WBC世界フライ級タイトルマッチ、王者・内藤大助(宮田ジム)と挑戦者・亀田大毅(協栄ジム/WBC世界フライ級14位)による12回戦は、判定で王者・内藤に軍配が上がった。

試合終盤には、大毅の反則により、大荒れの内容となった一戦だが、本日(12日)、協栄ジムを通じて、亀田大毅の父でトレーナーの史郎氏がコメントを発表した。

11日のタイトル戦での大毅の反則行為は、故意ではありません。大毅の若さ、精神的な未熟さが出た結果だと思います。セコンドについたトレーナーとして大毅の反則行為を止められなかった事は反省しております。ただこれも闘志の現れであって、結果として反則行為となってしまったことをご理解していただきたい。
大毅本人も深く反省し、一から出直す覚悟ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。