亀田、切腹はおろか、これからボクシングできるんでしょうか・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田、切腹はおろか、これからボクシングできるんでしょうか


結局のところ、「国民のために」戦ってくれた内藤の勝利でした。亀田の負けっぷりといったら、ボクシング史上語り継がれていくだろうというほどの酷さでしたね・・・。コメントのしようもないじゃないですか。まあ切腹も出来ないでしょうし、ビッグマウスも叩けなくなってしまった亀田。試合してくれる相手も、もういないのでは・・・?

 ブーイングが吹き荒れる。果たしてこれがボクシングなのか。12回。なすすべのない亀田大は、王者の両足を抱えてレスリングのような投げ技をうった。この回だけで、3点の減点。
 相手の宮田博行会長は「ボクシングを汚された」と憤り、協栄ジムの金平桂一郎会長も、「これはボクシングですか」という記者団の問いに「12回はそうとられても仕方ない」と力なく話した。
 注目を浴びた一戦だった。だが、ミスマッチの感は否めない。
 過去の対戦相手のほとんどが、実績の確かでない外国人。日本人との初対決で、実力を示すはずだった。ところが、頭を下げて強引に突進するも、手数が出ない。クリンチの際には内藤の大腿付近をたたくなど、見えない部分でのラフな行為もあった。
 拳を交えた内藤は「パンチはなかった。左フックも警戒したんだけど…、あんまり上手じゃなかったね」と酷評。リングサイドで見守った前世界王者の名城信男も、「どんな負け方よりも最低な負け方」とあきれ返った。
 一部メディアにあおられ、年上の王者を「ゴキブリ」呼ばわりするなど放言ばかりが目だった。そして、世界タイトル戦という舞台での愚行。
 「負けたら切腹」と意気込んだはずが、声をからしたファンには見向きもしない。試合後は、追いすがる報道陣へ向けるかのように、口に含んだ飲み物をはき捨て、無言で会場を去った。

(引用:iza β版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。