羽賀研二、本当に手段を選ばない男だったんですね。・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽賀研二、本当に手段を選ばない男だったんですね。


羽賀研二って、梅宮アンナとの交際時に散々騒がれていた莫大な借金、頑張ってまっとうに返済したとばかり思っていたのに。スゴイ人だったんだと思ってましたよ、実際。けれど、こんなテレビドラマの悪役を地で行くような極悪っぷりとはね・・・。羽賀研二、これからどうやって生きていくんでしょうか。

 羽賀研二(45)が暴力団幹部らと恐喝容疑で逮捕され、騒ぎは拡大する一方だ。しかし、羽賀が金銭にデタラメな男であることは以前から有名な話で、番組に出演させ続けたテレビ局が今さら大騒ぎするのは茶番以外の何ものでもない。

 今度の事件で改めてわかったのは羽賀のインチキぶりだ。羽賀は先週発売の「週刊女性」に登場し、作家の岩井志麻子氏と対談している。その中で、岩井氏に「借金も、ジュエリーを売って返した?」と質問されて「おかげさまで2億4000万円完済しました」と笑って平然と答えている。実は借金の完済は恐喝の被害者のカネを使ったとみられている。盗っ人たけだけしいとはこのことだ。

「羽賀とうさんくさい連中との交際は以前から噂されていました。10年前に沖縄にカフェバーをオープンさせた時にも“なぜ借金漬けの羽賀に出店する資金があるのか”という声があったし、周囲にいるのは不動産関係とか得体の知れない人間ばかりだった。年商30億円といわれ、儲かっているはずの宝石ビジネスの金がどうなっているのかもわからない。そんな羽賀をテレビ局はありがたがって使い続けてきた」(放送ジャーナリスト)
 今年に入っての出演はバラエティーは「オールスター感謝祭」(TBS)や「芸恋リアル」(日本テレビ)、「幸せって何だっけ」(フジテレビ)など多数。

 また、連ドラには渋い刑事役などで登場していた。昨年の「嫌われ松子の一生」や先月終了した「孤独の賭け」(いずれもTBS)。今月スタートする「山おんな壁おんな」(フジ)にも出演予定だった(収録済み分については出演シーンがカットされる)。

 目的のためなら何でもやる羽賀の正体を見抜けなかったテレビ局。浅はかというしかない。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。