モーニング娘。ついに、というかやはり!!崩壊へ・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーニング娘。ついに、というかやはり!!崩壊へ


モーニング娘。の落ち目ぶりもそうですが、所属メンバーの自覚のなさもまた目立ちますね。ただでさえ加護、辻のスキャンダルが続いていたのに、直後にはバトンタッチしたばかりの新リーダー、藤本美貴のスキャンダルですから。どういうことなんでしょう・・・?

 モーニング娘。の崩壊が加速している。

 今度はミキティこと藤本美貴(22)に熱愛が発覚した。発売中の「フライデー」によると、相手はお笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春(31)。2人は一緒に食事や岩盤浴に出かける親密ぶりで、庄司のマンションに藤本が3日連続で通う場面も報じられている。

 2人は若手芸人とアイドルの合コンで知り合い、3カ月前から交際をスタートさせたというが、藤本の所属事務所「アップフロント」はノーコメントの姿勢を貫いている。

 無理もない。藤本は今月6日にモー娘の新リーダーに就任したばかりで、タイミングは最悪。おまけに、このところ所属タレントの“スキャンダル”が続いているからだ。

 まずは今年3月、元モー娘の加護亜依(19)に2度目の喫煙疑惑が発覚。18歳年上のカフェオーナーと2人で群馬・草津温泉に1泊旅行に出かけていたこともあって、「契約解除」という重い処分が下された。

 また、今月初めには加護とコンビを組んでいた辻希美(19)が杉浦太陽との“できちゃった婚”を発表。あまりにも突然だったため、仕事のキャンセルや変更が相次いで大騒ぎになった。今後の辻の扱いがどうなるかは予断を許さない状況だ。
 同じ事務所の所属タレントがこれほど短期間にスキャンダルを連発するケースは異例といってもいい。一体、モー娘に何が起こっているのか。

「マスコミ側が抱えていた積年の不満が噴出しているんですよ。数年前、モー娘が爆発的な人気を誇っていた頃のアップフロントは、情報を出し惜しみする一方で、フライング報道を牽制した。だけど、今はモー娘人気が急落して勢いがなくなり、反撃されているのでしょう。かつてモー娘を仕切っていた有力幹部が表立って動くことを控えているのも響いている。結果的にマスコミだけでなく、所属タレントのコントロールまで利かなくなっているのです。今後も“元モー娘”メンバーの結婚や熱愛報道が相次ぐというウワサも流れています」(事情通)

 これだけ立て続けにスキャンダルが発覚したとなれば、事務所の管理体制を不安視する声も上がってくる。

 はたして、かつての国民的アイドルグループの崩壊を食い止められるだろうか。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。