松岡農相に次いで、また関係者が自殺!!・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松岡農相に次いで、また関係者が自殺!!


松岡利勝農相のご冥福を心よりお祈り申し上げます。それはそれとして、政治と金の問題はまた別の問題。関係者がまた一人、今朝飛び降り自殺したようです。談合など、金の問題についての関係者が誰もいなくなってしまうのでしょうか・・・。

 松岡利勝農相の自殺から一夜明けた29日午前、安倍晋三首相は閣議で「(松岡氏が)道半ばで亡くなられたのは誠に痛恨の極みだ。今後とも結束して国政に取り組んでいくよう改めて協力をお願いする」と訴えた。閣議後の各閣僚の記者会見では、松岡氏の死で政治とカネを巡る疑惑が不透明なままとなったことに「コメントすることはない」(尾身幸次財務相)「私に聞いても分からない」(久間章生防衛相)など口をつぐむ姿が目立ち、夏の参院選に向け「自民党に厳しい風があるだろう」との見方も出た。

 閣議は29日午前9時2分、国会内で始まり、安倍首相や閣僚は1分間、松岡氏の死を悼み黙とうを捧げた。閣議室で松岡氏が座っていた席には白い花が飾られ、大田弘子経済財政担当相と高市早苗少子化担当相は松岡氏の死を悼み黒いスーツ姿で出席した。
 閣議に先立ち、松岡氏が所属した自民党伊吹派会長の伊吹文明文部科学相は一人立ち上がり、首相に「昨日は済みませんでした」と深々と頭を下げ、首相も一礼した。

 閣議後の記者会見で、渡辺喜美行革担当相は松岡氏の自殺について「驚きの一語に尽きる。現職閣僚の立場であのような決断をされた心の内は計り知れない」と述べた。伊吹文科相は「政策以外のところで批判を受けたのは本人もつらかったと思う。政策的な評価はきちっとしてやってほしい」とかばった。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。