松本一志、たけしに「勝ち」たいとはっきり・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本一志、たけしに「勝ち」たいとはっきり


カンヌでの「大日本人」の好評には、本人が一番驚いているのではないでしょうか。外国人の笑いなんか研究して作った映画じゃないですからね。そんな松本一志が、北野たけしに勝ちたいと、はっきり宣言。松本一志らしいですね。

 第60回カンヌ国際映画祭の監督週間部門に参加している、映画「大日本人」の松本人志監督が、現地時間20日、記者会見を行い、同じお笑い出身の北野武監督に”宣戦布告”した。

 この日行われた会見は、日本人記者だけでなく地元メディアや映画を観た一般人も参加出来るというもの。超満員となった会見場に入ってきた松本監督は、昨夜のワールドプレミアの反応が上々だったこともあって、終始にこやかな表情。そんな中、韓国人ジャーナリストから「今日も日本のマスコミが大勢来ているが、どうも彼らは北野監督の後継者としてあなたに注目しているようです。期待されることにプレッシャーを感じてますか?」という質問が飛び出した。

 「どうなんでしょうねぇ……」と苦笑いを浮かべつつも、松本監督は「(北野監督を)意識していないと言ったらウソになりますし、リスペクトしています。それだけに、勝ちたいと思ってます」とキッパリ。

 もっとも、「何を持って“勝ち”と判断するのか?」とさらに突っ込まれると、「人それぞれだと思いますけど……、それに関しては今は言いたくないです」と言葉を濁した。

 松本監督にとっては、初めての国際映画祭参加となったが、「わりと温かく迎えてもらい、しかもフランスのラジオ局の取材を受けたら、ブレなく作品を分かってもらえているのでビックリした。(映画製作に対し)少し欲が出てきましたね」とニンマリ。初監督者を対象に贈られるカメラ・ドール賞についても、「本当に、全然そんなことは考えてなかったけど、周囲があまりにもあおるから、オイオイと(笑)」とまんざらでもない様子だった。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。