青田典子、「再婚」したほうがいいですよ・・・・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青田典子、「再婚」したほうがいいですよ・・・


青田典子が結婚、そして離婚していたとは驚きです。青田典子も最近は負け組みキャラですっかり売れっ子ですが、それもC・C・ガールズから離れた後の不遇時代を支えてくれた元ダンナさんがいたからこそだったんですね。こんないい人、ほかにいなそうなんですけど・・・。

 「バブル青田」の愛称で人気が再燃したタレントの青田典子(39)に結婚、離婚歴があったことが16日、分かった。相手は都内で飲食店を経営する男性(38)で、04年11月から1年間、夫婦生活を営んだ。所属事務所によるとその後も関係は続いており、再婚の可能性も高いという。青田は17日、都内で記者会見し、経緯を説明する。

 「賞味期限切れの女」「負け犬の星」など“結婚できない女”を意識した開き直りの自虐的フレーズで不惑を前にブレークした青田。昨年10月に出版した自伝的エッセー「ギリギリ。~おんなの賞味期限~」(日本文芸社)では過去のバブリーな恋愛体験を赤裸々に告白しながら、40歳を迎えるまでには結婚したいとの夢もつづっていた。

 そんな青田になんと結婚・離婚歴が発覚した。17日発売の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 所属事務所によると、セクシーグループ「C・C・ガールズ」を卒業して96年にソロに転向したものの、長く続いた不遇の時代を支えてくれたのが“元夫”の実業家。10年にも及ぶ交際の末に2人は04年11月に結婚。挙式も披露宴もなしのつつましいものだったという。

 人妻になったことを公表することもなく仕事を続けていたが、ちょうどこの頃にレギュラー出演が決まったテレビ朝日のバラエティー番組「ロンドンハーツ」が転機に。番組企画「バブル青田」がお茶の間でブレーク、負け犬を装ったキャラクターが独り歩きを始めた。

 仮面をかぶりながら人気を再燃させた青田に別れ話を切り出したのは夫の方だったという。仕事と家庭の両立が難しくなったこともあって、青田も泣く泣く了承。05年秋に離婚届を提出した。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。