辻希美、「一巻の終わり」とは穏やかじゃ・・・・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辻希美、「一巻の終わり」とは穏やかじゃ・・・


辻希美の今後の芸能活動といっても、残り少なかったファンもこれで去るでしょうし、若い以外になにか魅力があったようにも感じられず、本人もよく分かっていたんではないでしょうか。辻希美にこれで芸能界への未練があるようだったら絶句ですが。

 コンビの片割れの加護亜依は未成年の喫煙で芸能界を“追放”され、一方の辻希美(19)は妊娠していずれ休業――絵に描いたようなアイドルの凋落(ちょうらく)ではないか。

 今週明らかになった辻の“できちゃった婚”には呆れるばかりだ。「モーニング娘。」や「ミニモニ。」といったグループで人気者になり、辻は加護とのユニット「W(ダブルユー)」で注目を集めた。加護がスキャンダルで消えたとなれば、辻だけでもタレントとして成功して欲しい。誰もがそう願っていたはずだ。

 だが、その期待を裏切ったばかりか、相手まで微妙とは――。かつて友人を殴る騒動を起こした俳優の杉浦太陽(26)では、このカップルのB級感は否めない。
「辻は典型的なアイドルとして活動してきたタレント。『モー娘』のメンバーだった矢口真里はかつて熱愛が発覚しただけでリーダーをやめさせられたほどで、“でき婚”なんてとんでもない話。アイドルとしては決定的汚点です。辻は所属している『ハロプロ』を自主退団になるのではないか」(芸能リポーター)

 辻は4月下旬に時東ぁみ、ギャル曽根と、ユニット「ギャルル」を結成して活動をスタートさせたばかり。今回の騒動では別の大手プロ所属のギャル曽根にまで迷惑をかけてしまった。

 辻の“でき婚”を「ビックリ」と言葉を濁している人も多いが、そうではない。「一巻の終わり」である。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。