できちゃった婚にみる 芸能界のセックス・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できちゃった婚にみる 芸能界のセックス


辻希美でまたまた話題になった芸能界の「できちゃった婚」。芸能界で最近増えてきた気がするんですが。竹内結子とか、有名どころまでやっちゃいましたからね。まあ、彼女の場合、「作っちゃった」感もなきにしもあらずだったのですが。

 元モーニング娘。の辻希美(19)の妊娠が明らかになった。パパは俳優の杉浦太陽(26)。辻の20歳の誕生日に入籍するという。

 それにしても、最近の芸能界はできちゃった結婚が多い。安達祐実、吉岡美穂、知念里奈、石川亜沙美と“でき婚”ばかり。離婚騒動の竹内結子、広末涼子もそう。みんな大事な稼ぎ時でもホイホイと妊娠する。避妊くらいしないのか。

「今の女性芸能人はプロとしての自覚がないのです。腰掛け感覚でやっているから、有名になってチヤホヤされたら、もうそれでいい。だから簡単に妊娠、結婚するのです。昔の女優や歌手は『自分はこれで生きていくしかない』とガムシャラに芸を磨いたものです。ところが今はアルバイト感覚の連中ばかり。肝の据わった女性は少なくなりました」(芸能評論家・肥留間正明氏)

 事務所の管理も行き届かなくなってきた。社長の自宅や寮に住まわせても、夜中に抜け出し、こっそりあいびき。マネジャーと一緒に住んでも効き目ナシだ。
「最後は親頼みです。自宅から通えるタレント、地方出身者なら親を東京に呼び寄せて住んでもらったりした。それも歯止めにならなかった。今は『最低限、避妊はしろ』と口を酸っぱくして注意するだけです」(芸能界関係者)

 それでも妊娠するタレントは後を絶たない。

「昔から妊娠するコはいましたよ。でも、バレたら売れなくなるから、盲腸とか胃炎とか適当な病名で入院させ、中絶させた。国内はヤバイと思えば、海外で堕ろした。父親の欄に判を押すのはマネジャーの仕事。2回も3回も中絶して医者に呆れられるタレントもいました。ワケありで芸能界入りするコが多かったから、辞めるに辞められず、手術を受けるしかなかったのです」(ベテランマネジャー)

 子供が犠牲にならないだけマシか。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。