田中麗奈 元ヤンの奔放な過去・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中麗奈 元ヤンの奔放な過去


田中麗奈といえば、「なっちゃん」のCM以来、さわやかで清純なイメージですが、実は自他共に認める元ヤンで、結構奔放なヒトなんだとか。芯の強そうな感じしますしね。映画「ゲゲゲの鬼太郎」の猫娘役は、もうこのヒトしかいないでしょう。田中麗奈本人も、ノリノリだったとか。

 新境地を開拓した?

 田中麗奈(26)がコスプレに初挑戦して話題を呼んでいる。本日28日公開の映画「ゲゲゲの鬼太郎」で妖怪・猫娘に扮している。

「『ゲゲゲ――』はVFXをふんだんに取り入れ、30種以上の妖怪が登場する。田中は小さい頃から家族にそっくりと言われていた猫娘役に大喜び。真っ赤な超ミニスカートの衣装や特殊メークにもノリノリでした」(映画記者)

 18歳で映画デビューした田中は、その後もかたくなに映画出演にこだわっている。ドラマやバラエティーといったテレビに見向きもしないことから、“最後の映画女優”と呼ばれている。

 もっとも、演じるのは真面目でひたむき、純粋無垢な優等生役が多く、マンネリ気味だった。田中はかつて自他共に認めるヤンキーだったから、“優等生キャラ”は居心地悪かったに違いない。これまでとは百八十度違う妖怪役で、演技の幅も広がるだろう。
「2年前に日中合作連続ドラマ『美顔』のヒロイン役で中国に進出し、昨年は日台合作映画『幻遊伝』の主演に抜擢されました。田中は成長著しい中国圏で活路を見いだそうと中国語を特訓し、単身で現地入りして長期ロケにも耐えました。中国語のせりふはもちろん、ワイヤアクションや殺陣までやってのけた。見かけによらぬド根性の持ち主です」(芸能リポーター)

 日本では“優等生”の役柄が多いが、プライベートは奔放だ。

●一回り年上のギタリストと破局

 20歳の頃、4歳年上のイベント関係者と誕生日に2人きりの夜を過ごした場面を報じられた。

 2年前にはラルク・アン・シエルのギタリスト・ken(38)との半同棲生活をキャッチされ、結婚秒読みともウワサされた。

「彼女は飽きっぽいところがあって、2人とも交際発覚後に破局しています。一昨年の秋にkenと別れて以来、男の気配はありません。今は2匹のチワワ犬にメロメロで、仕事しか眼中にないんでしょう」(芸能ライター)

 映画女優にこだわる田中にとって、男は“芸の肥やし”なのかも。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。