キムタクに挑む山ピー パソコンで勝負!!・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムタクに挑む山ピー パソコンで勝負!!


木村拓哉と山下智久のジャニーズ対決、今度はパソコンのCMですね。ドラマでも華麗なる一族と花より男子2で視聴率対決があったり、ジャニーズ後輩が何かやるたびに勝負しなきゃいけないキムタクは大変。勝って当たり前、負けたら人気低迷とか言われますし。

 山ピーが、先輩キムタクを迎撃だ。NEWS山下智久(22)と俳優田村正和(63)が25日、初共演する東芝ノートPCシリーズの新CM発表会に出席した。「新旧2枚目」と銘打った強力タッグ。昨年の販売台数シェア1位を誇る同社の売り上げアップに貢献し、SMAP木村拓哉(34)起用のCMで追い掛ける富士通「FMV」シリーズから牙城を守る切り札に指名された。

 キムタクの挑戦を後輩の山ピーが受けて立つ。といっても、CMキャラを務める商品の話だ。山下側の東芝は約22年前、世界で初めてノート型パソコンを開発。ノート型だけを販売し続ける老舗の強みを生かし、昨年1~12月のノートPC部門国内売り上げ台数でトップに立った。
 BCN調べによると、占有率も22・8%の1位に輝き、3位の富士通(20・4%)を上回った。しかも前年05年の集計(東芝=19・5%、富士通=18・5%)に比べ、差を広げている。その状況下で今春から山下と田村に要請し、盤石の首位固めを考えている。

 これまでノートPCのイメージキャラクターといえば、数々の独創的なCMで話題をさらった木村の富士通「FMV」が有名だった。時にはウサギにもなった木村と異色の共演者が織り成す不思議な掛け合いが好評で、シリーズ第22弾まで制作されている。そのライバルに山下が起用された。

 ジャニーズ事務所のタレント同士が、同じ業種のCMで競うという現象は、現在の広告市場を象徴している。知名度のあるタレントの所属数が業界随一の同事務所に、各企業がイメージアップを求めるケースは多く、幅広い購買層に商品を訴求できる集団として重宝されているからだ。
 東芝ノートPCのシリーズ新CMは「省電力」編や「あなたに」編など9本を制作。第1弾の5本を27日から放送する。会見では、フジテレビ系ドラマ「プロポーズ大作戦」(月曜午後9時)に主演中で人気の山下の横で、田村が「新旧2枚目の競演だね」と自画自賛。ベテランの後押しを受けた山ピーが、先輩キムタクを迎え撃つ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000042-nks-ent
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。