蒼井優 「やせすぎ」に心配の声・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼井優 「やせすぎ」に心配の声


蒼井優、この間テレビでやってた『男たちの大和 YAMATO』での熱演、よかったですね。ますます女優としての彼女に期待がかかるところで、「第20回DVDでーた大賞」の「ベスト・タレント賞」を受賞しました。でも、蒼井優が会場で注目を集めたのは華々しい活躍ではなく、その細さだったとか・・・。

 24日、2006年度に発表されたDVDとビデオソフトの中から、特に人気を集めた作品を表彰する「第20回DVDでーた大賞 授賞式」が都内ホテルで行われた。

 会場の注目を一身に集めたのは「ベスト・タレント賞」を受賞した、まさに今“旬”の女優、蒼井優。蒼井は、2006年にDVDリリースされた出演作品が『星になった少年』『男たちの大和 YAMATO』など6本、映画は『ハチミツとクローバー』『フラガール』など4本、ほかにテレビドラマや現在公開中の『蟲師』を合せると、昨年から今年にかけて12本もの映像作品に出演する売れっ子ぶりで、その活躍が評価されての受賞となった。
 司会を務めたフジテレビの笠井信輔アナウンサーも少し心配気味に「仕事はどうやって選んでいますか?」と質問。すると蒼井は「事務所と相談して選んでます」と仕事は、きちんとスケジュール管理されているらしい。

 また、自分の出演作した作品のDVDを見るのは大好きだそうで「特にメイキングを観ると、撮影時の大変さがよみがえってきて泣いちゃいます」と打ち明け、スクリーンに写し出される笑顔の裏では苦労が絶えなかったことがうかがえた。体力的には問題なくても、心労がたまっているのでは? と心配になってしまう発言が続いた授賞式だった。

各部門賞の結果は以下の通り。

外国映画賞 『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』
日本映画賞 『ALWAYS 三丁目の夕日』
未公開映画賞 『パニック・フライト』
テレビドラマ賞 『24 TWENTY FOUR シーズンV』
アニメ賞 『カーズ』
DVD映像特典賞 『ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス』
ベスト・タレント賞 蒼井優
DVD&ビデオでーた大賞&日本映像ソフト協会会長賞 『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』
特別賞 株式会社ロボット
特別賞 ジャッキー・チェン

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。