井上真央、あわやパンチラを救ったのは・・・・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上真央、あわやパンチラを救ったのは・・・


ゲゲゲの鬼太郎、実写版がいよいよ完成です。完成披露試写会では井上真央のあわやパンチラ、のハプニングが。救ったのは鬼太郎役のウエンツ瑛士で、さすがのナイトぶり。個人的には田中麗奈の猫娘が楽しみですね。

 17日、都内で映画『ゲゲゲの鬼太郎』の完成披露試写会が行われ、会見では総工費1500万円という木製の“鬼太郎ハウス”に本木克英監督と、ウエンツ瑛士、井上真央、田中麗奈、大泉洋、間寛平、室井滋ら豪華キャストの面々が勢ぞろいした。

 中でも、井上真央はピンクのサテン生地のワンピース姿で華々しく登場して注目を集め、カメラマンたちから「真央ちゃ~ん」と目線を求められた。そんな中、製作費1,500万円をかけて作った“鬼太郎ハウス”の不安定な足場にバランスを崩してしまった井上真央は、あわや、ひざ上丈のスカート部分が全開してしまう惨劇を予期させた。しかし、そこは危機一発、ウエンツの右腕にしっかりと支えられ、カメラマンたちをがっかり(?)させた。

 猫娘役の田中麗奈と砂かけ婆役の室井滋が、妖怪にふんしたことに「女優人生としては、一抹の不安も……」と話した一方、セーラー服の女子高生を演じた井上は「本当は妖怪役がやりたかった。わたしだけ普通すぎて、逆に恥ずかしかった」。これに対して本木監督は「井上真央のリアルな芝居が、鬼太郎ファミリーを引き立たせたんだ」と井上真央の演技力を高く評価していた。

 “鬼太郎ハウス”は4月28日から5月6日まで、お台場フジテレビの球体展望室にて展示される

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。