保阪尚希、出家の本音とは?・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保阪尚希、出家の本音とは?


“出家キャラ”で出直す 保阪尚希の本当の「目論見」
http://news.livedoor.com/article/detail/3102182/

保阪尚希の出家の件、穿ってみればどうとでも取れますが、彼の生い立ちは実際壮絶ですからね。真実のほどは時間が証明してくれるでしょう。


「人々をいい方向に導きたい」――先週、“出家”することを明らかにした保阪尚希(39)の弁だ。


 保阪は来月12日に熊本県合志市にある真言宗の寺「六水院」で得度を受けて仏門に入る。“僧侶”を志すきっかけは7歳の時に両親が心中してしまったことだという。

「3年前に高岡早紀と離婚して“パパキャラ”をやめてから、保阪は芸能界でのポジションが不安定になり、苦労していたようです。05年8月には芸名を『保坂尚輝』から本名の『保阪尚希』に変更しましたが、それもあまり効果がありませんでした。昨年からは情報番組『サタデースクランブル』でコメンテーターを務め、文化人路線を模索していたけど、ブレークするまでには至らなかった。でも、これからは僧籍を持つことで、彼の発言には重みが増します。事件などでコメントする際、“煩悩が”“人の業が”と説明すれば、うなずく人も出てくるでしょうね」(芸能リポーター)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。