受信料義務化見送りでNHKが恐れる事態・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受信料義務化見送りでNHKが恐れる事態


受信料義務化見送りでNHKが恐れる事態
http://news.livedoor.com/article/detail/3098203/

NHK、あくまでも個人の主観ですが。確かにドキュメンタリーなどではスポンサーのいらないNHKならでは、非常にクオリティの高い、素晴らしい番組も多いです。しかし、ここ数年のくどいほどの韓流と一連の不祥事で、止められるものなら止めたくなりました。希望者だけ加入できるスクランブル制をもっと議論して欲しいですね。

  政府が今国会に提出する放送法改正案で、焦点だったNHK受信料の支払い義務化が見送られた。「受信料の義務化と値下げはセットだ」と2007年1月に発言して、NHKに約2割の値下げを迫った菅義偉総務相と、抵抗するNHKとの攻防は3カ月続いた。この戦いは、夏の参院選挙前に値下げを確約させたかった菅総務相と、悲願の受信料義務化を逃したNHKの“相打ち”で終わった。
   ただし、NHK内には「義務化見送りで払わなくてよくなった」との誤解が広がるのでは、との不安が残った。
受信料の義務化問題はそもそも、04年夏に発覚したNHKプロデューサーによる制作費の横領事件を皮切りに、NHKの不祥事が次々と明るみに出て、受信料の不払いが広がったことから持ち上がった。不祥事発覚前は8割だった受信料の収納率が7割に低下した。

もとは自業自得じゃないですか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。