国産セカンドライフ、利用者急増中!!・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国産セカンドライフ、利用者急増中!!


セカンドライフ、なにかと話題ですが早くも日本で同様のサービスが開始されました。英語が出来なくてもOKってところがいいですね。すでに利用者急増中だそうです。

  国内企業が運営するインタネット上の仮想3次元空間「splume(スプリューム)」(βサービス)が2007年3月20日に公開された。公開初日には、アクセス数殺到のため登録が一時できなくなるトラブルが起こるなど、その注目度は相当な高さだ。一方、近々日本語版が公開されると言われる米リンデン・ラボが運営する「セカンドライフ(Second Life)」には日本企業も続々と参入、一種のブームになっている。「splume」はセカンドライフをしのげるのか?

スプリューム(Splume)がセカンドライフと異なるのは、ユーザーが持つWebサーバに3次元空間を構築でき、他の3次元空間と次々にリンクできるほか、個人や法人のコンテンツなどに接続することが可能であるところだ。運営会社のスプリュームは「誰でもが空間配信できる『開かれた世界』」だとPRする。運営会社は、アバター用のパーツの販売や企業向けの空間製作・技術提供で収益を上げる、という仕組みだ。


国産仮想空間が登場 セカンドライフに勝てるか?
http://news.livedoor.com/article/detail/3090082/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。