【納豆のため】興毅「納豆」バッシング「気持ち分かるで」【俺は戦う】・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【納豆のため】興毅「納豆」バッシング「気持ち分かるで」【俺は戦う】


話がこんなところまで・・・。

プロボクシング“浪速の闘拳”亀田興毅(20)=協栄=が24日、代名詞の「亀田とKOはセット」に、フライ級復帰で新たに「納豆」を加えた。関西 テレビのねつ造問題で風評被害に遭う納豆と、バッシングされた自身の境遇を重ねて、大好物のイメージ回復に名乗り。納豆食でパワーアップし、3階級制覇へ の第一歩となるフライ復帰戦(3月24日・両国国技館)でのKO勝ちを誓った。

 離乳食から毎日納豆を食べ続けて20年の興毅が“納豆の気持ち”になった。「納豆、悪モンになってしもうてかわいそうや。おれもバッシングされたから気持ち分かるで。納豆は文句言えへんからなぁ…」とつぶやいた。

  3階級制覇を目指す興毅にとって納豆は大事なキーワードだ。18日にWBA世界ライトフライ級王座を返上し、3月のフライ級復帰戦に向け、納豆食で強化し てフライ級に適した肉体に戻そうとしている。「納豆じゃ、やせへんで。ホンマは、たんぱく質の多い納豆は、筋肉がついてパワーがつくんや。フライ級に戻っ たからには一撃必殺のパンチ、それをやる」

納豆、そんなにパワー付くんだ。そんな亀田氏は、納豆のためにも戦うとのこと・・・

(引用:ライブドアニュース

 公開スパーでは、2人のメキシコ人選手と4ラウンドを行った。すでに2日前からスパーリングを 開始しているが、試合2か月前のスパーは異例だ。理由は「試したいことがいろいろあるから」で、試合まで6人のタイプ別メキシコ人パートナーを招へいし て、150ラウンドの消化を目指す。未定の対戦相手について父の史郎トレーナー(41)は「まだ決まってないが、世界ランキングのほとんどはメキシコ人。 それにメキシカンのアッパーは勉強になる」と話した。

 3月のフライ級復帰戦のテーマは「亀田とKOはセット」の復活だ。本来のKOボクシングで実力を世間に再認識させたい興毅は「パワーをつけるには納豆。フライと納豆はセットや」と話した。

 毎日の昼食の3パックにもう1パックをプラス。「今度の試合は納豆界のためにも戦う」と公約した興毅は「全日本納豆愛好会」の設立を宣言。「おれが会長や。スポーツ界、芸能界、納豆好きは会員になってほしいな」とご機嫌だった。

これに関しては彼を応援したい。がんばれ亀田!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。