ホリエモン、社会復帰も困難。痛々しい・・・。・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホリエモン、社会復帰も困難。痛々しい・・・。


3・16 ホリエモン判決(3)
http://news.livedoor.com/article/detail/3080046/

ホリエモン、ぜんぜん参ってなさそうな雰囲気?堀江節は健在のようです。

「捜査機関もむかつく。結局、茶番じゃねーかよ」

 判決直前に朝日新聞の取材に応じ、検察を罵倒した堀江貴文被告(34)。相手構わず言いたい放題のホリエ節は相変わらず。こんな調子だから、判決が出た後は「サッサとビジネスに復帰し、以前のように表舞台に立ちたいのだろう」とみるマスコミ関係者も多い。

 最近も芸能界を引退する飯島愛と組んでネットビジネスに参入する可能性を報じられたが、実際はビジネスどころか、社会復帰すら困難な状況のようだ。

「朝日にも『(保釈後は)対人恐怖症みたいになっちゃう期間が1、2カ月ぐらいあって』と答えていたが、今も精神状態は、かなり不安定。簡単に言えば、見知らぬ他人はすべて敵に見えちゃう状態です」(関係者)

堀江被告、参ってなさそうって訂正します。側近もふくめ、ちやほやしてくれてた人間、みんな裏切りましたからね。実情は会社立ち上げるどころか、人間不信で社会復帰も厳しい状況だとか・・・。

法廷で宮内亮治被告らは、事件への関与を全面否認する堀江への不信感をあらわにし、検察の意に沿う主張を繰り返した。堀江も「二度とライブドア関係者とは関わり合いたくない」と漏らしたという。

「かつては堀江をチヤホヤしていた遊び仲間も事件を機に手のひら返しで離れていった。逮捕から1年以上が過ぎても人間不信から抜けきれないようです」(知人)

いよいよ明日、注目の判決が言い渡される。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。