大毅 世界ランクの件 オヤジさんの抗議、実った!?WBA再考…・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大毅 世界ランクの件 オヤジさんの抗議、実った!?WBA再考…


WBA再考…大毅 世界ランク入り濃厚
http://news.livedoor.com/article/detail/3079208/

オヤジさんの抗議が実ったんでしょうか。亀田大毅の世界ランカー漏れの件、WBAが再考とか。
2月の対戦相手「タフミル」だったんですね。つい「タミフル」と・・・。

 ボクシングの“浪速の弁慶”亀田大毅(18)=協栄=が、4月度のWBAランキングにランクインする可能性が出てきた。16日、協栄ジムの金平桂一郎会長(41)が、大毅のランク入りに関してWBAから報告を受けたことを明かした。WBAが2月のビッキー・タフミル(インドネシア)戦を再考する意思を示したもので、相応の評価を受ければ世界ランク入りが実現する。またこの日、大毅のプロ9戦目(本社後援)が4月30日にツインメッセ静岡で行われることが発表された。

 世界ランカーにKO勝ちした大毅が3月度の世界ランク入りを見送られた件について、金平会長は、2月23日に対戦したタフミルが試合直前に世界ランク落ちしていた事実を明かした。
 2月上旬にタフミルと試合契約を結んだ時点では、WBAのライトフライ級4位にランクされていた。試合当日も日本ボクシングコミッション(JBC)は同級4位と発表した。だが実際は、試合直前の1月度ランキング発表でタフミルは世界ランク15位以下に陥落していたのだ。
 この事実を協栄ジムとJBCは認識しておらず、発覚したのは試合後。大毅は形式上、ノーランカーを破っただけとみられた。WBAの3月度の世界ランクが発表された6日に金平会長はWBAに抗議文を提出し、大毅のランク入りの正当性を訴えた。

この一件に関しては、過去に前例があったようですね。
 
過去、協栄ジムでこれに類似した一件があった。99年12月に佐藤修(元世界王者)が、ニコライ(ロシア)と対戦して判定勝利を収めた。ニコライは試合契約時には世界11位だったが、試合直前に15位以下に陥落。この時、直後のランク入りは出来なかったが、再考の末に評価され翌月に世界ランク入りした。
 この前例を踏まえ、金平会長は大毅の世界ランク入りに自信を見せた。「WBAは来月のランキング委員会で見直す方針を打ち出していると聞いています。どうしてタフミルが世界ランクから落ちたのかは不明だが、大毅には世界ランク入りの権利がある」と正当性をアピールした。WBAは4月のランキング会議で大毅の件を議題に挙げる。ランク入りすれば、年内世界挑戦構想が再び現実味を帯びることになりそうだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。