安倍首相が松岡農水相を切れないのは・・・。・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相が松岡農水相を切れないのは・・・。


安倍首相が松岡農水相を切れない理由
http://news.livedoor.com/article/detail/3077164/


松岡農水相の件、意外と長引いてます。安倍内閣の支持率低下もこれだけ懸念されているのに松岡氏を切れないのは、安倍首相に何か弱みでも?

 松岡「ナントカ還元水」農水相の苦しい弁明が続いている。そもそも、なぜ入閣できたのか。ナゾを解き明かすと、米国の“外圧”の結果ともっぱらなのだ。


「昨年7月の米産牛輸入再々開まで、米国が日本側の“根回し役”として頼ったのが、農水族の松岡氏だったといいます。再々開前には、自民党の牛肉輸入問題調査団の団長として訪米し、『現地の食肉処理場を見た限り、危険部位の除去と月齢確認は完璧』とお墨付きを与えた。テキサス育ちのブッシュ大統領にとって畜産業界は有力な資金源。スポンサー救済の見返りが、農水相ポストだったという話です」(外交関係者)


「シーファー駐日大使にも入閣工作を働きかけた」(農水省事情通)との情報もあり、松岡大臣も就任1カ月後の閣議会見で「シュワブ(米国通商代表部代表)さんやジョハンズ(米国農務長官)さんからもお祝いを頂いた」と得意げに披露していた。米国ベッタリなのは間違いない。


 松岡氏の強力な後ろ盾は、もうひとりいる。小泉前首相だ。

「バリバリの抵抗勢力だったはずなのに、いつの間にか“改革派”を名乗っていた。株式会社の農業経営参入など小泉農政改革の振付役として、毎週のように官邸に姿を見せたものです。特に飯島勲前秘書官に気に入られた。海外に出かけるたびに機密費をねだる議員が多い中、カネもあるのでしょうが、松岡氏はWTOの議員交渉に自腹を切って渡航した。それで飯島氏の信頼を得たようです」(官邸事情通)


 入閣を果たすと、松岡氏は「飯島さんのおかげ」と礼の電話を入れている。


 前門の米国、後門の小泉――。これでは、安倍首相もウカツには疑惑大臣のクビを切れない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。