花粉症対策で女性重体 健康食品との因果関係・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症対策で女性重体 健康食品との因果関係


花粉症対策食品で一時意識不明、厚労省が因果関係調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000116-yom-soci

「健康食品」というと効く効かないにかかわらず、身体にストレスがかからなそうというイメージを持ってたんですが。

まあピンキリということで、一概にはいえないですね。

 厚生労働省と和歌山県は26日、花粉症対策商品として販売されているスギ花粉加工食品のカプセルを飲んだ同県内の40歳代の女性が、全身性のアレルギー反応で一時意識不明の重体になったと発表した。

 女性は2日後に意識を回復し、現在は快方に向かっているという。

あくまでも医薬品ではなく、健康食品での事件ですね。命は助かったようで何より。

 和歌山県によると、食品は山形市の「健森」が製造・販売している「パピラ」。女性は23日夜、カプセル1個を飲用して友人とテニスをしていたところ、約30分後に全身にじんましんが出て息苦しくなった。すぐに病院で受診したが、診察中に口の中が腫れて、気道が圧迫され、意識不明に陥ったという。

 和歌山県から連絡を受けた山形県は24日、食品衛生法に基づき、健森に立ち入り調査をした。

(引用:Yahoo!ニュース)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。