内田恭子ってずいぶんしっかり者だったのね。・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内田恭子ってずいぶんしっかり者だったのね。


内田恭子ってまだ30だったんだ。ずいぶんしっかり者だったのね。

 寿退社から間もなく1年。元フジテレビのアナウンサー、“ウッチー”こと内田恭子(30)の周辺が慌ただしくなってきた。同局との“専属契約”のような暗黙の約束が終わることで、テレビ各局がウッチーをめぐる争奪戦を展開しているのだ。

「フ リーに転向したウッチーは、テレビ局から引っ張りダコです。でも、義理堅い彼女は古巣を尊重して丁重にオファーを断ってきました。昨年10月から始まった 日テレの『NEWS ZERO』のキャスターを打診されながら、辞退したのもフジの“縛り”があったからだといわれています。でも、もうすぐ“解禁”で す。現在、ウッチーのもとには、テレビ各局から20以上の仕事のオファーが寄せられているといいます」(マスコミ関係者)

 ウッチーも準備に余念がない。今春にも、夫で吉本興業社員のK氏とともに、個人事務所を設立するという。

 そんなウッチーをノドから手が出るほど欲しがっているテレビ各局は、“内田事務所”の設立には戦々恐々のようだ。

「人 気がある局アナがこぞってフリーに転身して、ウッチーの事務所になだれ込む可能性があるからです。ウッチーは独立後、労働時間は3分の1になったのに収入 は3倍になったともっぱら。局内のイジメに悩んでいたり、処遇に不満を募らせている人気アナが“ウッチーに続け”と売り手市場のうちに独立しようとしてい るのです」(テレビ局関係者)

 実際、フジの中野美奈子、高島彩といった人気アナには、ここにきてフリー転向説が囁かれている。

 テレビ業界ではしばらく“ウッチー騒動”が続きそうだ。

(引用:ライブドアニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。