ジャニーズ軍団で「必殺仕事人」復活!!・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャニーズ軍団で「必殺仕事人」復活!!


京本政樹も仲間にいれてほしかった・・・。

 あの「必殺仕事人」が15年ぶりによみがえる。スペシャルドラマ「必殺仕事人2007」(放送日未定)として復活することになった。

おなじみの中村主水(もんど)役・藤田まこと(72)に加えて、少年隊・東山紀之(40)、TOKIO・松岡昌宏(30)、関ジャニ8・大倉忠義(21)のジャニーズ軍団がこのドラマのために集結。往年のファンはもちろん、若い人にも楽しめる時代劇になりそうだ。

 新しいスペシャルドラマ「必殺仕事人2007」には、もちろんおなじみ中村主水が登場するが、その主水とともに“仕事人”となるのがジャニーズの面々だ。

 新仕事人として、南町奉行所見回り同心で仕事人でもある渡辺小五郎を東山紀之が。絵師で仕事人・経師屋の涼次に松岡昌宏が、さらに、からくり仕掛け人の仕事人・からくり屋の源太に大倉忠義がふんする。
 撮影は、京都で3日からスタート。必殺シリーズのファンだったという東山と松岡は大張り切りで、東山は「人間が持っている二面性がものすごく出ている気がするので、自分の軽い面と重い面、陰と陽が表現できれば、見ている方にインパクトを与えられると思う」と意欲を見せた。

松岡も「大先輩の足を引っ張らないように、数々の先輩方がおやりになった作品を汚さないように、かつ自分らしく演じたい」と意気込んだ。唯一、リアルタイムで見ていない大倉は「お話をいただいたときはうれしくもあり、不思議な感じがしました」と緊張気味だった。

 一方、15年ぶりに主水を演じる藤田は「まさかこの年になって同じ役ができるとは」と感激すると、「願わくばシリーズものでやりたい」と復活を熱望していた。

 物語は南町奉行所に見回り同心・渡辺小五郎(東山)が着任し、主水がはじき出され書庫番へ。そんな折、米問屋から出火し主人夫婦が死んでしまう。その娘から依頼を受けた仕事人たちの活躍を描く。

 出演は、主水の妻役に白木万理、姑役に菅井きんとおなじみのメンバーに加え、野際陽子、中越典子、和久井映見ら豪華キャストが出演する。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。