辰吉丈一郎 定年目前の思い激白・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辰吉丈一郎 定年目前の思い激白


亀○三兄弟が、一気にこの世界を胡散臭いものに変えてしまった、気がする。
もうスポーツとして見れなくなっちゃったもんな。

そんななかだからこそ、ひたむきな辰吉の姿勢はよけいに感動的。
ビッグマウスのお手本を見せてやってくれ。

 元WBC世界バンタム級王者の辰吉丈一郎(36=大阪帝拳)が、5月に「ボクサーの定年」の37歳を迎える。実際、周囲には引退を勧告され、試合の見通しが立たない厳しい状況だ。

それでもなお、現役であり続ける。黙々と練習をこなし、国内初の3度目の世界王座返り咲きに執念を燃やす。

「世界王者のまま引退する。父ちゃんの骨を墓に納める」。

果たして、不死鳥伝説はどんな最終章を迎えるのか。「浪速のジョー」が激白した。

 いつものように辰吉は長男寿希也(じゅきや)君(15)と二男寿以輝(じゅいき)君(10)を伴い練習を始めた。今も毎朝10キロのロードワークを欠かさず、日曜日以外は2時間のジムワークをこなす。体重は58キロほどで、バンタム級のリミット(53・5キロ)近くを維持している。

 辰吉「もう10年以上食事制限してる。1日1食。3食も食べたら太るだけや。体の状態によって、食べるものを変えてる」

 03年9月のアビラ戦から3年4カ月がたった。99年1月に亡くなった父粂二(くめじ)さんの遺骨は、今も自宅にある。

 辰吉「普通の人ができないことをやる。世界チャンピオンになって、そのまま引退する。それで父ちゃんを(実家の岡山にある)墓に納める」
 5月15日に区切りの37歳になる。93年に網膜はく離を患った辰吉が国内で戦うには、世界戦か、それに準ずる試合でなくてはならない。

 辰吉「区切り? なった時に考える。なる前からあれこれ考えても始まらん。オレは世界チャンピオンになりたいんやない。なるんや。リングに上がれれば海外でもいい。どこでも行く」

 こだわるのは過去に3度獲得したWBCバンタム級のタイトルだ。

 辰吉「WBAは全く興味ない。WBCのベルトが欲しい。今の王者はウィラポンじゃなく長谷川君。誰が王者であろうと変わりはない。返してもらうだけや」

 カリスマにも年齢の衰えは隠せない。背中に少し肉がついてきた。髪に白いものが交じるようになった。

 辰吉「そら20代とは違うからね。でも、ボクシングが好きやから。試合ができる体をつくらないと。それができなくなったら、やめる。普通の人にはしんどいやろけど、僕は苦痛に感じてない」

 厳しい状況でも決して後ろを振り向かない。練習中の目も鋭い。

 辰吉「厳しいからこそ、面白い。自分の信じた道を進む。自分のしてきたことに、何も後悔していない。今の方が充実してるよ。今の僕に勝つ方が難しいよ。酸いも甘いも知ってるから。最終的に結果を残したもん勝ち。終わりよければすべてよし、や」

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。