高橋尚子 世界選手権断念 次の出場は「最後の挑戦かも」・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋尚子 世界選手権断念 次の出場は「最後の挑戦かも」


高橋尚子選手のおかげで、マラソンにずいぶん親しめるようになった気がします。
これまでもたくさん、男女問わずに有名なマラソン選手っていましたけど
どうも特別なヒトっぽかったんですよね。イメージ。

 陸上女子マラソンの高橋尚子(ファイテン)が9日、東京都内で会見。名古屋国際女子マラソン(3月)を回避し世界陸上選手権大阪大会(8月開幕)を断念した理由について、「もし結果が悪かったら北京五輪までのマラソンの本数が多くなりすぎる」と、過剰な負担を懸念したことを説明した。

 次のマラソンは今秋以降の五輪代表選考会となる。「最後の挑戦かもしれない。初心や基礎を見直し、何でもやって吸収したい」と前向き。近年やっていなかった筋力トレーニングやスピード練習なども行うという。

照準はもちろん北京五輪。一ファンとして応援してます。
 出場レースについては、「自分の調子をどれだけ上げられるかが大切。あまり他人のことは考えない」と語り、状態次第ではアテネ五輪覇者・野口みずき(シスメックス)が出場意思を示している東京国際(11月)で直接ぶつかる可能性も示唆した。

しかし来年の大阪国際(1月)や名古屋国際(3月)になる場合も考慮。冬場の高地合宿地の候補として、多くの長距離選手が活用している中国・昆明を検討。早ければ今月中にも現地視察に訪れる。

 高橋はこの日、東京・銀座で、スポーツ用品メーカー「アシックス」のランニング専門店開店記念行事に出席した。

(引用:Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。