国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍、まさに脱走!?モンゴル到着で


朝青龍がまさに脱兎のごとく、といった様子です。すったもんだの末に結局モンゴルへ帰ることが許された朝青龍でしたが、ウランバートル到着と同時に脱兎のごとく、親方たちとは別行動を取り出したようですね。スキャンダルなしの横綱って、しばらく見ていない気がします。

 緊急理事会でモンゴル帰国を認められた大相撲の横綱・朝青龍(26=高砂部屋)が29日夜、モンゴルの首都ウランバートルに到着した。師匠の高砂親方(51=元大関・朝潮)、知人の本田昌毅医師(37)を伴っての帰国だったが、帰国後はいきなり2人と別行動。高砂親方が責任を持って24時間監視する体制を敷くはずだったが、はやくもその約束は反故にされた。朝青龍は家族らと温泉保養地で療養する予定だが、お騒がせ横綱のドタバタ劇~モンゴル編~は早くも大荒れの様相を呈してきた。

 帰国早々、いきなり朝青龍が野放し状態となった。29日夜、朝青龍を乗せたモンゴル航空機が、約100人の報道陣が待ち構えるモンゴルの首都ウランバートルのチンギス・ハーン国際空港に到着。空港にはタミル夫人、兄スミヤバザルさんの姿も見られた。続きを読む
スポンサーサイト

小池栄子、ついに結婚、子沢山へ!


小池栄子とプロレスラーの坂田亘、もともと公然と付き合いが続いていたこともあり、いずれはと思っていましたがついに結婚ですね。おめでとうございます。小池栄子が会見では、今から坂田の浮気もしかたがない?と取れるような発言も。とにかく幸せそうで、いいですね。

30日(木)都内ホテルにて、タレントで女優の小池栄子(26)とプロレスラー・坂田亘(34)の結婚発表記者会見が行われた。

プロレス会場で、坂田の試合を観た小池が一目ぼれ。その後、小池の友人でプロレスラーの故・橋本真也さんに坂田を紹介してほしいと依頼したのが全ての始まりとなった。

5年間の交際を経て、29日に目黒区役所へ婚姻届を提出した二人。会見の冒頭では、坂田が「私、プロレスラー坂田亘はタレントで女優の小池栄子さんと結婚することになり、昨日婚姻届を提出してきました」と真剣な眼差しで発表すると、小池は「昨日、5年間の交際を経て入籍することになりました。5年間、色々ありましたが、ファン、関係者の方に支えられて、大切に愛を育んでこられたと思います」と挨拶した。続きを読む

安倍新内閣の顔、安倍氏批判の舛添要一氏も・・・。


安倍首相のもと、新内閣閣僚メンバーがいよいよ発表になりましたね。安倍氏を激しく攻撃?してきた舛添要一が厚生労働大臣として入閣。小池百合子氏はやっぱり・・・外れましたね・・・。今回の防衛省の顛末を見ていると、ちょうどよかったというか、防衛相として留まられたらと思うと、空恐ろしいんですが。

 安倍改造内閣の新閣僚が27日、決まった。官房長官に元通産相の与謝野馨氏(無派閥)を起用。外相には元外相の町村信孝氏(町村派)、財務相には元防衛庁長官の額賀福志郎氏(津島派)が起用された。新官房長官の与謝野氏が同日夕、首相官邸で発表した第2次安倍内閣の新閣僚は次の通り。

首相 安倍晋三
総務相 増田寛也(民間)
法相 鳩山邦夫
外相 町村信孝
財務相 額賀福志郎
文部科学相 伊吹文明(留任)
厚生労働相 舛添要一
農相 遠藤武彦
経済産業相 甘利明(留任)
国土交通相 冬柴鉄三(留任)
環境相 鴨下一郎
防衛相 高村正彦
官房長官 与謝野馨
国家公安委員長 泉信也
沖縄・北方担当相 岸田文雄
金融・行政改革担当相 渡辺喜美(留任)
経済財政担当相 大田弘子(民間、留任)
少子化担当相 上川陽子

(引用:ライブドアニュース)
http://news.livedoor.com/article/detail/3282973/

BOΦWYときて、ドリーミンと来た日には・・・


BOΦWYとは、また懐かしいですね。ボウイ未発表のライブ映像なんて、売れるだろうな~。意外だったのが、ドリーミンのプロモーションビデオがなかったということ。実はあの曲でボウイを知りました。懐かしいな~。ぜひ視たいですね。

9月5日に「DRASTIC」と「DRAMATIC」の2タイトル同時で、レーベルの枠を越えた初のオールタイム・ベストアルバムが発売されるBOΦWY。赤いジャケットの「THIS BOΦWY DRAMATIC」には、切なく美しい“MELODY”が胸を打つ楽曲を中心に全17曲を収録。そして今回新たに編集された「DREAMIN'」のプロモーションビデオを収録したDVDが付属となる。

 過去に「DREAMIN'」のPVは存在しなかったため、今回のPVはベスト盤のためにいくつかのライブ映像を合わせて新たに制作が行われた。これはどのライブでもテンポがぶれることなくリズムを刻み続けた、BOΦWYだからこそ実現可能な映像と言える。

 氷室京介(ヴォーカル)との布袋寅泰(ギター)が花道を歩いているシーンは、1987年に宮城県で行われた「ROCK'N ROLL OLYMPIC」。雨のライブ・シーンは、1986年に現在都庁がある通称都有3号地で行われた「ロック・ステージ in 新宿」と、解散宣言間近の1987年に南阿蘇で行われた「BEAT CHILD」。続きを読む

mixi(ミクシィ)で、またこんな事件が。電車キセル、女子中学生とのセックス、妊娠・・・


mixi(ミクシィ)で、またこんな事件が・・・。男子大学生がミクシィ日記で電車キセル、女子中学生とのセックス、妊娠、カンニングって、まさにやりたい放題ですね。カッコいいと思っているんでしょうか。で、2ちゃんねるで祭りになってせっかくの就職も取消かってあたりは、かつての「エアロバキバキ」を彷彿とさせます。

埼玉県の男子大学生(21)がミクシィに、キセル未遂行為を自慢する日記を2007年8月18日に書いていたことが分かった。同時に、駅員に暴言を吐いたことを日記に書き、さらに、自らのブログで女子中学生との性交渉などを明かしたため、2ちゃんねるなどで祭り騒ぎになっている。この大学生はIT企業のSEに内定しているが、大学では退学処分などを、会社では内定取り消しを検討している。

中学生との性交渉、カンニングなどもぞろぞろと
この男子大学生は8月18日、彼女と一緒に、東京ビッグサイトで開かれたコミックマーケットに出かけた。その行きに、りんかい線国際展示場駅でキセルをしようとしたことを、独特の若者言葉でミクシィの日記に書いている。

「当日の朝、俺様Suicaに残りちょっとしか入ってなくて
これ改札通れるか微妙だなーって思って、清算しようと思ったんだけど
清算の列並びすぎwwwっうぇwww
っていうくらい並んでたので、キセルだイェイイェイ!!
って事で彼女の後ろにぴったりくっついて改札を抜けようとしたところ
駅員に止められました(^ε^)-☆Chu!!」(「彼女」は編集部書き換え)続きを読む

ミラーマンこと植草一秀氏の痴漢、メリットは・・・?


ミラーマンこと植草一秀被告の痴漢疑惑も長いですね。裁判中ということは、まだ事実と確定していないという解釈でいいんでしょうか。

植草一秀氏の痴漢は冤罪だったとする意見もいまだ消えませんよね。そういう一派にすれば、事件は明らかに捏造だというのですが、いまいち陥れる側のメリットが解らんのですよ。

 電車内で女子高生の尻を触ったとして東京都迷惑防止条例違反の罪に問われた元早大大学院教授・植草一秀被告(46)の第11回公判が21日、東京地裁で開かれ、植草被告は最終弁論で「嫌疑をかけられた罪は絶対に犯していない」と改めて無罪を訴えた。検察側は前回公判(7月18日)で懲役6月を求刑。注目の判決は10月16日に言い渡される。

 弁護団は犯行当時の状況をビジュアルで説明しようと試みた。プロジェクターを使いスクリーンにイラストやグラフのスライドを上映。事件当時の状況を再現し、植草被告とは別に真犯人がいると訴えた。

 イラストによる再現動画には、弁護側が「真犯人」とする人物も登場。動画の「真犯人」は女子高生が後ろを振り返る間に移動しており、弁護側は「真犯人は真後ろに立っていた人物。右斜め後ろにいた被告人が犯人と取り違えられた」と主張した。

 また植草被告の泥酔度を縦軸、事件の経過を横軸とする"酔っぱらいグラフ"も登場。それによると、植草被告の泥酔度は電車に乗ってから急上昇。女子高生が「やめてください」と助けを求めた瞬間、マックスに達している。その後、植草被告が自殺を図った駅事務所へ連れていかれる際には、グラフは急降下していた。

 1時間半に及んだビジュアル作戦のラストシーンは「被告人は無罪」の6文字。植草被告は「私は今まで一点のウソ、偽りも言っていない。先入観や偏見を持つことなく法の正義に従って正しい判断をされるよう望みます」と訴えた。続きを読む

佐藤寛子のヌード、本当ですよ。


佐藤寛子のヌードって、本当なんですね!グラビアアイドルもだんだん露出度が減っていく人、増えていく人に両極端です。佐藤寛子の写真集発表は、実に2年ぶりとの事。故郷の福島で撮影されたそうですが、彼女なりに気合をこめたんでしょうね。

 グラビアアイドルの佐藤寛子(22)が、初の“ヌード”を披露する。

 2年ぶりの写真集「PORTRAIT」(27日発売、ワニブックス)で、生まれ故郷の福島県で撮影。初ヌードに挑むにあたり、本人が故郷の草原での撮影を望んだ。ほかに水着や下着のセクシーショットも満載で「生まれた土地で、なんのうそもない自分に会えた気がします」とコメント。続きを読む
Copyright © NEWSもの申すブログ。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室

  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。