国内・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当は恐ろしい高速1000円乗り放題


高速道路の料金がETCで週末一律1000円、私としては非常にありがたかったんですが。
つい先日も秋田~三重間を車で移動する機会があったんですが、高速出口で料金1000円の表示が出たときは、あらためて驚きでしたね。

ちなみに、金曜に高速道路に乗って土日に降りたとき、土日に乗って月曜に降りたとき、いずれの料金も1000円です。

3月28日に始まった、高速道路の土日祝日1000円乗り放題。
ゴールデンウィークには各地で渋滞が発生し、高速道路沿いの観光地は多いに賑わった。
こうした好評に気を良くした国土交通省は、8月のお盆期間の平日などにも1000円乗り放題を適用しようと考えているようだ。

しかし、1000円乗り放題に反対を唱える人たちもいる。27日に九州バス協会が、割引拡充に反対する要望書を国土交通省などに提出したという。
ゴールデンウィーク中の高速バス利用者が激減したばかりではなく、1000円だからと高速に乗った多くの自家用車のために大渋滞が発生し、所要時間が倍以上になってしまったという。

確かに、こうした現象はGW中にもっとも顕著だったようです。続きを読む
スポンサーサイト

中国の日本国土買収が進められている事実


中国の企業が日本の水源地を中心に、土地買収を活発に進めているとのこと。
これはいろんな意味で怖いですよ。本国の水不足を解消する目的と見られていますが、水というライフラインが外国、しかも中国に握られてしまう事態は認められません。

幸い、まだ売買が成立しているケースはないとのことですが・・・。
林野庁が現在全国の一斉調査を開始したそうです。

中国の企業が西日本を中心に全国各地の水源地を大規模に買収しようとする動きが、昨年から活発化していることが12日、林業関係者への取材で分かった。逼迫(ひっぱく)する本国の水需要を満たすために、日本の水源地を物色しているとみられる。

あくまでも「木」が欲しいから林を買いたいと話が持ちかけられるのだとか。続きを読む

若槻千夏も騙されていた 「エキサイト」「アドマイヤーX」


健康食品といえば、テレビやネット、新聞広告でも
お腹一杯ってぐらい宣伝が毎日すごいですね。
それだけ悩んでいらっしゃる方の数が多いということなんでしょうが。

またキャッチコピーとか、いかにも欲しくなりそうに
よく作ってあります。

「これはまさに肥満遺伝子治療」
「飲むと代謝がよくなる」
「やせる細胞が増える」

やせる細胞ってあるのかどうかわかりませんが・・・。
「エキサイト」「アドマイヤーX」などの商品を販売していた
「ベルファイン」という健康食品販売会社が薬事法違反で摘発されました。

誠実な販売者さんにとって、こういう事件は本当に迷惑ですね。

 「やせる細胞が増える」。そんな夢のようなダイエット話で、効果のない“やせ薬”をインターネットで販売していた会社社長らが、薬事法違反の疑いで逮捕された。効果がないと知った購入者の落胆ぶりは想像に難くない。しかし、ダイエット効果をうたった健康食品情報はネット上に氾濫(はんらん)。タレントのコメントを勝手に作った宣伝もあり、女性の痩身(そうしん)願望につけ込んだダイエット商法は無軌道ぶりが目立つ。「飲むだけでやせるなら、それは毒」(医師)。派手な宣伝に振り回わされてはいけないのだ。続きを読む

新型インフルエンザ 病院で診察拒否


新型インフルエンザの疑いで病院へ行ったものの、診察を断られているケースが増えているとか。
救急車での患者搬送受け入れ拒否では、医師が不在とか、ベッドが空いていないとか理由がつけられましたが、これは一体どういうことでしょうか。

素直に憤りを感じます。

 新型インフルエンザ感染国への渡航歴がなく、感染の可能性が低いにもかかわらず、発熱を訴える患者が病院から診察を断られるケースが相次いでいることが5日、東京都の調べで分かった。2日朝~5日正午までに計92件に上り、大学病院が断ったケースもあった。続きを読む

年金テロ 犯人像はおそらく


年金テロなんて、さっそくネーミングされた今回の元厚生次官らの遭難。最初から殺意に満ちた、それでいておそらく同一犯、明らかに計画的・・・と、犯人は厚生労働省もしくは年金問題に対しかなりの恨みを抱いている人物もしくは組織と思われますが、真相はどこまでわかっているのでしょうか。

 官僚のトップである元厚生次官らの連続殺傷事件では、2つの現場で家族まで刺された上、血の付いた足跡が付近に残される特異な展開に、専門家は「組織への強い恨みと、捕まることも辞さない気味悪さを感じる」と指摘。「どのテロ事件とも違う。最大級の危機レベルとみて対策をとらないといけない」と警告を発している。

 官僚を狙ったテロ・ゲリラ事件は少なくない。平成9年以降、成田空港建設に反対する過激派による運輸省幹部宅などを狙った爆破事件が相次いだ。11年には、但木敬一法務省官房長宅に洋弓銃の矢が撃ち込まれる事件があり、翌年、逮捕された男は「司法試験に失敗した腹いせ」と供述。男は10年に松尾邦弘最高検検事宅から脅迫状などが見つかった事件でも再逮捕された。

これでは、厚生労働省のある程度の地位にある、もしくはあった人は戦々恐々です・・・続きを読む
Copyright © NEWSもの申すブログ。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室

  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。