未分類・国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダF1撤退 大英断だと


ホンダがF1から撤退するのは、これで3度目でしょうか。ホンダの撤退は寂しい気がしますが、この急激な景気の落ち込みでは仕方ありません。この早い時期によく決断されたと思います。

きっと、本田宗一郎氏が健在でもこうされたのではないでしょうか。

ホンダは5日午後、緊急記者会見を行い、F1世界選手権シリーズからの撤退を表明する。今後3カ月以内に「ホンダ・レーシングF1」チームの売却を進める方針で、引き取り手がない場合はチーム自体が解散するとみられる。

 世界的な景気減速のあおりで自動車が売れない状況となっており、ホンダは10月、2009年3月期の連結業績予測を下方修正。営業利益は実に42.3%減と大きく落ち込む見通しだ。すでに日米欧各地の工場の追加減産も発表、国内でも期間従業員の削減を決めている。

 本業が落ち込む中、モータースポーツ、中でも大金を必要とするF1は大きな負担になる。ホンダは今季、入賞わずか4度。コンストラクターズ(製造者部門)ランクでは、5月に撤退したスーパーアグリを除く10チーム中9位と低迷したが、約370億円もの予算をかけていたとされる。これに対してスポンサー料やテレビ放映権料などの分配金など収入は少なく、多くはホンダ本社の持ち出しとなっている。

 高騰する参戦コストを削減するため、統括する国際自動車連盟(FIA)では「標準エンジン」の導入を検討してはいる。入札で選ばれたメーカーがエンジンを廉価で供給することにより、エンジンにかかる年間費用を現在の24億円以上から6億円以下に抑えるという計画だ。続きを読む
スポンサーサイト

投薬では治らない心の病 ディスチミアとは?


ディスチミアとは初めて聞く病名ですが、従来のウツなど、投薬で治療されてきた心の病とは少し違った複雑な症状のようです。
もちろんディスチミアへの対処法は明らかにされていますから、知っておきたいところですね。

 「うつ病」と診断された会社員が休職中に海外旅行に出かけたり、同期の飲み会には参加したりする。そんな“不可解な”うつ状態を解説する『会社でうつ 休むと元気ハツラツな人』(文芸春秋)が出版された。著者で医師の海原(うみはら)純子さん(56)に原因や対処法を聞いた。(古川有希)

 “不可解な”うつ状態は医学的には「ディスチミア(気分変調症)」と呼ばれ、うつ病とは異なる。若いころから発症することが多く、落ち込んでいるのは会社や家庭の環境のせいだと思い込む傾向があるため、「わがまま、自己中心的」といった印象でみられることもある。

 海原さんは、ディスチミアの根本的な原因について「幼少時から親に過保護に育てられ、自分らしさを抑圧されてきた『いい子』の自己コミュニケーション障害」と指摘する。

最近では、心療内科に通院する方が本当に増えているようです。
精神科よりも敷居が低そうですしね。続きを読む

サマンサタバサ バッグは時代遅れ?


サマンサタバサといえば、いわずと知れた女性に大人気のバッグブランド。ついこの間まで、友人が欲しいと言っていたのも聞いていましたし。今年の売れ行きが芳しくないようですね。
サマンサタバサにいったい何があったのでしょうか。

女性向けバッグの製造・販売を行う、サマンサタバサジャパンリミテッド(7829・東証マザーズ)の09年2月期中間(08年3~8月)決算は、経常利益で前年同期比4.6%減の5億円程度となった模様だ。通期の経常利益も2期連続の減益がほぼ確実な情勢となっている。

 株価は現在、10万円程度まで下落しており、これまで唯一の10万円割れだった08年1月16日の9万6000円を下回り、「底なし街道」に陥るのも時間の問題だ。

 セレブを博した人気ブランドの成長力は、既に過去のものになってしまったのだろうか。続きを読む

槇原敬之 「松本さんが泥棒扱いをするので」


槇原敬之と松本零士の著作権侵害問題、一時は取りざたされたもののすっかり忘れていました。とっくに片付いたものと思っていたんですがね。双方、業界では「大物」だけに、引けなくなってしまったんでしょうか。

人気アーティストの槇原敬之さんが、人気漫画家の松本零士さんに「漫画のセリフを盗用された」と非難され名誉を傷つけられたなどとして、松本さんに2200万円の損害賠償などを求めた訴訟の口頭弁論が7日、東京地裁(清水節裁判長)であり、槇原さん、松本さんが出廷した。

そもそも問題は続きを読む

HUNTER×HUNTER ジャンプで再開したそうですが・・・


冨樫義博氏といえば、なんたってあの「幽☆遊☆白書」の大ヒットで有名ですね。奥さんは「セーラームーン」の武内直子さんで、結婚の時には超売れっ子漫画家同士で一体いくら稼ぐんだ!?と話題にもなりました。その冨樫義博氏の現在の作品、ずっと休載中だった「HUNTER×HUNTER」が再開したそうなんですが・・・。

 今月、「週刊少年ジャンプ」で1年半もの間休載中だった『HUNTER×HUNTER』が満を持して再開した。相変わらず画は荒く(?)、しかも10回分ほど原稿が貯まっただけでまたすぐ休載するという話だが、それでも待ち焦がれたファンたち(筆者含む)は大喜びしているようだ。

 しかし解せないのは、そもそもの休載理由。子供のお受験だとか、病気だとか、様々な憶測が飛び交っているが、本当のところは明らかにされていない。それに、そんなワガママを許すジャンプ編集部と富樫先生の関係って?

(中略)連載再開の知らせは、ファンにとって喜ばしいものだが(中略)一部のマンガ編集者の間では、「冨樫を超えるマンガ家をもっと輩出しないといけないのが『週刊少年ジャンプ』なんだから、冨樫にまだ頼っている編集部はヤバいのでは?」といった、厳しい指摘もある。

「本当は、冨樫さんが今『もう一度描きたい』って言っても、『今さら何言ってるんだ』と、編集部が制さなきゃならないんですよ。それなのに、連載を喜んで再開させちゃうのは、ジャンプが弱体化してることの表れですね」(元編集プロダクション社員)

 1998年から連載を開始した同作は、アニメ化もされた大ヒット作品だが、開始翌年から徐々に休載が目立つようになり、06年にはたった4回、07年においては、この原稿の執筆時点で、まだ1回も連載誌上に掲載されていないのだ。公式にジャンプ編集部から発表された休載理由は「体調不良」「作者都合」といったものだが、休載の間に冨樫がコミックマーケットに参加していたことなどから、「編集部との確執が原因で、連載がストップしているのでは?」など、穏やかでない憶測もファンの間で囁かれてきた。

 それにしても、1年半もの休載を経ても根強いファンを持ち続ける冨樫義博とは、一体どんな人物なのか? 続きを読む
Copyright © NEWSもの申すブログ。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室

  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。