国内・海外・ニュース・政治・経済・芸能・アイドル・エンターテイメント・地域情報・気になる話題や情報を独自の視点からアップしてゆくブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GReeeeN ブログ炎上のわけ


GReeeeN(グリーン)が解散というガセネタが流れたばかりで
メンバーが怒る、というのは至極当然なことだと思うのですが・・・。

ボーカルグループ「GReeeeN」のメンバーが、解散報道をした日刊スポーツに中指を突き立てる写真を自らのブログ日記に一時載せていたことが分かった。このポーズは侮辱のサインともされている。所属事務所では、本人でないとその意図が分からないとしたうえで、日記削除の理由について、ファン同士の誹謗・中傷が多くなったためと説明している。

日刊スポーツも、スクープに浮き足立ってしまったのでしょうか。
きちんとウラを取ることもせずに、赤っ恥をかいてしまいました。
で、GReeeeNのボーカル、HIDEがブログで解散を否定して怒りをぶちまける、という
ところまではよかったのですが、中指を突き立ててみせるという写真をアップしたことから
ブログ炎上の騒ぎになってしまいました。続きを読む
スポンサーサイト

モンスターハンター3 価格急落の理由


Wii専用ゲームソフト「モンスターハンター3」の価格が発売直後から急落しているとのこと。
これだけ聞くと、よほど人気がなかったのかと思ってしまいそうですね。

「モンスターハンター3」の本来の価格は7340円とのことですが
発売直後1週間足らずで実勢価格は半額以下にまで急落。
最安値は某家電量販店の2980円だとか。

ここまで値段が急落するゲームソフトは5年に1本出るか出ないかだそうですよ。
しかも人気はあるのに・・・。

ゲーム情報サイト『ファミ通ドットコム』でコラムを連載している秋葉原のゲームショップ店員・稲越一之さん(メッセサンオー勤務)。いつも辛口コメントでコラムを書いており、ゲーム業界のみならず、コラムを掲載している『ファミ通』に対してまで不満を書きつづることがある稲越さんだが、今回は今までにないくらい強烈なことを書いている。

「モンスターハンター3」価格急落の理由は続きを読む

一休.com 紳助効果でサイトがダウン


一休.comというサイトをご存知でしょうか。テレビで紹介されたとたんにサイトがダウンしてしまったといいますから、やっぱりテレビの影響力ってすごいですね。
一休.comは全国のホテルや旅館の宿泊プランを紹介しているサイトなんですが
宿泊料金が半額以下になるといわれれば、そりゃアクセスは殺到しますね。

「5万円ぐらいのホテルが、2万円ぐらいになるんですよ~」。タレントの島田紳助さんがテレビでこうメリットを話したところ、ホテル予約サイトにアクセスが殺到して一時ダウンしたことが分かった。

紳助「京都のホテル、一休.comで探す」
このサイトは、全国の高級ホテル・旅館約1000軒の宿泊プランを紹介している「一休.com」。島田紳助さんは、日本テレビ系で2009年6月21日午後9時放送の「行列のできる法律相談所」の中で、いきなりサイトの話を持ち出した。

島田紳助といえば以前にも続きを読む

本当は恐ろしい高速1000円乗り放題


高速道路の料金がETCで週末一律1000円、私としては非常にありがたかったんですが。
つい先日も秋田~三重間を車で移動する機会があったんですが、高速出口で料金1000円の表示が出たときは、あらためて驚きでしたね。

ちなみに、金曜に高速道路に乗って土日に降りたとき、土日に乗って月曜に降りたとき、いずれの料金も1000円です。

3月28日に始まった、高速道路の土日祝日1000円乗り放題。
ゴールデンウィークには各地で渋滞が発生し、高速道路沿いの観光地は多いに賑わった。
こうした好評に気を良くした国土交通省は、8月のお盆期間の平日などにも1000円乗り放題を適用しようと考えているようだ。

しかし、1000円乗り放題に反対を唱える人たちもいる。27日に九州バス協会が、割引拡充に反対する要望書を国土交通省などに提出したという。
ゴールデンウィーク中の高速バス利用者が激減したばかりではなく、1000円だからと高速に乗った多くの自家用車のために大渋滞が発生し、所要時間が倍以上になってしまったという。

確かに、こうした現象はGW中にもっとも顕著だったようです。続きを読む

新型インフルエンザ 感染者バッシング


新型インフルエンザに感染した神奈川の高校生に対して、日本でも学校にかかった電話のほとんどがこの時期にアメリカに行かせるなんて非常識だと批判する内容のものだったとか。
2chなんかでも、(今の時期の渡米にたいして)おおむね批判的な内容だったかと思います。

感染した本人は気の毒としかいいようがないんですが・・・。

新型インフルエンザの感染者に対するバッシングが、中国ではエスカレートしているようです。

2009年5月20日、韓国紙・韓国経済新聞は「中国ネット界では新型インフルエンザ感染者への“政治迫害”が行われている」と題し、中国のネット利用者がこぞって同感染者の個人情報暴露や誹謗中傷を行っている現状を伝えた。環球時報の報道。
かつてSARS(重症急性呼吸器症候群。新型肺炎とも)で多数の死者を出した中国は、今回の新型インフルエンザについてかなり敏感になっているのは事実だ。しかし、海外で感染したことに気づかず帰国した同胞に対し、ネット上で繰り広げられている個人攻撃はあまりにも行きすぎだ。続きを読む

中国の日本国土買収が進められている事実


中国の企業が日本の水源地を中心に、土地買収を活発に進めているとのこと。
これはいろんな意味で怖いですよ。本国の水不足を解消する目的と見られていますが、水というライフラインが外国、しかも中国に握られてしまう事態は認められません。

幸い、まだ売買が成立しているケースはないとのことですが・・・。
林野庁が現在全国の一斉調査を開始したそうです。

中国の企業が西日本を中心に全国各地の水源地を大規模に買収しようとする動きが、昨年から活発化していることが12日、林業関係者への取材で分かった。逼迫(ひっぱく)する本国の水需要を満たすために、日本の水源地を物色しているとみられる。

あくまでも「木」が欲しいから林を買いたいと話が持ちかけられるのだとか。続きを読む

浅尾美和 優勝は逃したものの


浅尾美和のこの試合、スポーツニュースで視ましたが惜しかったですね。
2セット目を辛くも落としてしまった後、対戦相手の浦田聖子・楠原千秋ペアに完全にペースを握られてしまったかのように3セット目も落として逆転負け。

浅尾美和の第3戦、宮崎大会に期待したいところです。

◆JVBツアー・第2戦 東京オープン最終日(6日・お台場ビーチ) 国内ツアー初優勝を目指し、6大会ぶり2度目の決勝戦に進出した“ビーチの妖精ペア”浅尾美和(23)、西堀健実(27)=ともにエスワン=組が、浦田聖子(28)=MDI=、楠原千秋(33)=フリー=組に1−2で敗れ、ペア結成5年目の悲願を逃した。1時間19分に及ぶ雨中決戦で第1セットを先取。だが、第2セットでマッチポイントを3度も握りながら大逆転負けを喫した。15日開幕の第3戦・宮崎大会で雪辱を期す。

 悲願の初Vは大粒の雨とともに流れた。自身最長の1時間19分にも及ぶ死闘。あと1点が取り切れなかった。こみ上げたのは、涙ではなく悔しさだった。浅尾は開口一番、「千秋さん(楠原)にやられましたっ!」と爆発した。続きを読む

若槻千夏も騙されていた 「エキサイト」「アドマイヤーX」


健康食品といえば、テレビやネット、新聞広告でも
お腹一杯ってぐらい宣伝が毎日すごいですね。
それだけ悩んでいらっしゃる方の数が多いということなんでしょうが。

またキャッチコピーとか、いかにも欲しくなりそうに
よく作ってあります。

「これはまさに肥満遺伝子治療」
「飲むと代謝がよくなる」
「やせる細胞が増える」

やせる細胞ってあるのかどうかわかりませんが・・・。
「エキサイト」「アドマイヤーX」などの商品を販売していた
「ベルファイン」という健康食品販売会社が薬事法違反で摘発されました。

誠実な販売者さんにとって、こういう事件は本当に迷惑ですね。

 「やせる細胞が増える」。そんな夢のようなダイエット話で、効果のない“やせ薬”をインターネットで販売していた会社社長らが、薬事法違反の疑いで逮捕された。効果がないと知った購入者の落胆ぶりは想像に難くない。しかし、ダイエット効果をうたった健康食品情報はネット上に氾濫(はんらん)。タレントのコメントを勝手に作った宣伝もあり、女性の痩身(そうしん)願望につけ込んだダイエット商法は無軌道ぶりが目立つ。「飲むだけでやせるなら、それは毒」(医師)。派手な宣伝に振り回わされてはいけないのだ。続きを読む

新型インフルエンザ 病院で診察拒否


新型インフルエンザの疑いで病院へ行ったものの、診察を断られているケースが増えているとか。
救急車での患者搬送受け入れ拒否では、医師が不在とか、ベッドが空いていないとか理由がつけられましたが、これは一体どういうことでしょうか。

素直に憤りを感じます。

 新型インフルエンザ感染国への渡航歴がなく、感染の可能性が低いにもかかわらず、発熱を訴える患者が病院から診察を断られるケースが相次いでいることが5日、東京都の調べで分かった。2日朝~5日正午までに計92件に上り、大学病院が断ったケースもあった。続きを読む

木村拓哉のいい話。キムタクかっこいいですよ。


キムタクこと木村拓哉のいい話です。これはかっこいいですね。
ジャニーズ事務所とSMAPメンバーの間の「大人の事情」を無視して、生放送でまさか森且行の話題が出るとは。
森のブログのコメント欄にも、(G1制覇について)「森くんにメンバーが「おめでとう」って言ったときに泣きそうになった」とか、反響が大きかったようです。

 1月31日にテレビ朝日開局50周年記念企画「50時間テレビ」の特番としてSMAPの「SMAPがんばりますっ!!」が放送された。同企画の目玉番組として注目される中、スタジオの生放送ではハプニングが発生。なんと、キムタクの口からSMAPにとってタブーのはずだったあの男の名前が飛び出したのだ!

 「SMAPの女性チーフマネージャーのIさんの意向を受け、暗黙の了解を重々承知した番組構成でしたが、キムタクの暴走は予想外だった」(テレビ朝日関係者)

 同番組ではSMAP誕生からの歴史を振り返った再現VTR、メンバー5人のそれぞれの独自企画を放送しつつ、メンバーが生放送のスタジオでトークを展開した。

 「デビュー当時、SMAPは今の5人に、オートレースに転向し先日G1で初勝利を挙げた森且行を加えた6人だったのは周知の事実。ところが、96年に自分の夢を追ってオートに転向した森は、いつしか初めからいなかったように扱われてきた。もちろん、再現VTRはメンバー5人で、かつて出演したバラエティー番組も森の出演場面は流さないようにした」(同)

 しかし、予想外のハプニングが起こったのは番組の序盤。かつてバラエティーでSMAPと学生チームが対戦した騎馬戦で、興奮した草なぎ剛が学生に蹴りを入れる場面が流され、カメラがスタジオに戻った。続きを読む
Copyright © NEWSもの申すブログ。 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室

  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。